System Center 2012 R2 – Service Manager へのアップグレード シーケンスについて

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 には、IT サービス管理ツールである Service Manager も含まれています。

System Center 2012 R2 へのアップグレード シーケンスについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Service Manager (System Center 2012 R2) の内容を意訳したものとなります。

System Center 3023 R2 – Service Manager は、2 番目にアップグレードするコンポーネントです。使用している環境に、新しいコンポーネントである Service Management Automation (SMA) を追加する場合、Service Manager をアップグレードする前にインストールする必要があります。

■Service Manager のアップグレード シーケンス

  1. Operations Manager メンテナンス モードします。
  2. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 SP1 – Service Manager の統合パック (IP) をアンインストールします。
  3. Service Manager 管理サーバーをホストしているコンピューター上で、SQL Server 2008 R2 AMO を SQL Server 2012 AMO へアップグレードします。

    SQL Server 2012 AMO は、SQL Server R2 Analysis Services に対応しています。
  4. Service Manager のアップグレード ガイドに記載されている手順にしたがい、Service Manager をアップグレードします。

■Service Manager のアップグレード後

  1. Orchestrator Deploy Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 R2 バージョンの Service Manager IP をインストールします。
  2. Service Manager サーバーのメンテナンス モードを周章します。
  3. Operations Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
    • コネクタ (2)
    • 管理パック
    • エージェントレスの監視
  4. Configuration Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
    • コネクタ (2)
    • Configuration Manager エージェント
  5. Orchestrator と以下の接続が機能していることを確認します。
    • 統合パック
    • Runbook コネクタ

[参考]