System Center 2012 R2 – Data Protection Manager へのアップグレード シーケンスについて

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 には、バックアップ管理ツールである Data Protection Manager (DPM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager へのアップグレード シーケンスについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Data Protection Manager (System Center 2012 R2) の内容を意訳したものとなります。

System Center 2012 R2 Data Protection Manager は、3 番目にアップグレードするコンポーネントです。適用可能な場合、System Center 2012 R2 – Data Protection Manager をアップグレードする前に、Service Management Automation (SMA) をインストールし、Orchestrator をアップグレードし、Service Manager をアップグレードします。

■Data Protection Manager のアップグレード シーケンス

  1. すべての Data Protection Manager サーバーを、Operations Manager メンテナンス モードにします。
  2. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 SP1 – Data Protection Manager の統合パック (IP) をアンインストールします。
  3. Data Protection Manager のアップグレード ガイドに記載されている手順にしたがい、Dat Protection Manager をアップグレードします。

■Data Protection Manager のアップグレード後

  1. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 R2 バージョンの Data Protection Manager IP をインストールする。
  2. Data Protection Manager  サーバーのメンテナンス モードを終了します。
  3. Operations Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
    • DPM 中央コンソール クライアント側のコンポーネントのコネクタ
    • 管理パック
    • エージェント
  4. Configuration Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
  5. Orchestrator と Data Protection Manager IP 接続が機能していることを確認します。
  6. アップグレード前に、依然と対象としていたすべてのアイテムを Data Protection Manger でバックアップできることを確認します。

[参考]