System Center 2012 R2 – Operations Manager へのアップグレード シーケンスについて

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 には、アプリケーション / オペレーティング システム / ハードウェア / ネットワークの正常性、パフォーマンスなどの詳細を監視する Operations Manager も含まれています。

System Center 2012 R2 – Operations Manager へのアップグレード シーケンスについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Operations Manager (System Center 2012 R2) の内容を意訳したものとなります。

System Center 2012 R2 – Operations Manager は、4 番目にアップグレードする 4 番目のコンポーネントです。適用可能な場合、System Center 2012 R2 – Operations Manager をアップグレードする前に、Service Management Automation (SMA) Orchestrator のアップグレード、Service Manager のアップグレード、そして Data Protection Manager をアップグレードします。

■Operations Manager のアップグレード シーケンス

  1. 存在する場合、VMM コンソールから、もしくは Remove-SCOpsMgrConnection コマンドレットを用いて、VMM と Operations Manager 間の接続を削除します。

    アップグレード中に VMM を監視することができません。
  2. すべての Virtual Machine Manager、および Orchestrator サーバーから System Center 2012 SP1 バージョンの Operations Manager コンソールを削除します。
  3. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 R2 – Operations Manager の統合パック (IP) をアンインストールします。
  4. Operations Manager のアップグレード ガイドに記載されている手順に従って、以下の順序で以下の Operations Manager パーツをアップグレードします。最初の管理サーバーがアップグレードされるタイミングで、Operations Manager データベース、および データ ウェアハウスがアップグレードされます。
    • 少なくとも 1 つの Operations Manager 管理サーバー
    • 残りのすべての Operations Manager 管理サーバー
    • すべての Operations Manager ゲートウェイ
    • すべての Operations Manager コンソール
    • すべての Operations Manager エージェント

■Operations Manager のアップグレード後

  1. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、System Center 2012 R2 バージョンの Operations Manger をインストールします。
  2. Orchestrator、および Virtual Machine Manager (VMM) 上に System Center 2012 R2 バージョンの Operations Manager コンソールをインストールします。
  3. System Center 2012 SP1 バージョンの Virtual Machine Manager (VMM)、および System Center 2012 R2 バージョンのOperations Manager 間の接続を再確立します。
  4. System Center 2012 R2 – Orchestrator に、Operations Manager 統合パックを登録します。
  5. Configurations Manager エージェントが機能していることを確認します。
  6. Virtual Machine Manager (VMM) と以下の接続が機能していることを確認します。
    • 管理パック
    • Operations Manager を使用した統合 (IP 通信用)
  7. Service Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
    • コネクタ (2)
    • 管理パック
    • エージェントレスの監視
  8. Data Protection Masnager (DPM) といかの接続が機能していることを確認します。
    • 管理パック
    • 中央コンソール サーバー コンポーネント
  9. Orchestrator と以下の接続が機能していることを確認します。
    • 管理パック
    • 統合パック (IP に Operations Manager  コンソール (SDK) 接続が必要)
  10. 管理パックが App Controller と機能していることを確認します。  

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク