System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager および App Controller へのアップグレード シーケンスについて

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 には、想環境を一元に管理する Virtual Machine Manager (VMM)、およびプライベート クラウドとパブリック クラウドに共通のセルフサービス環境を提供する管理ツールである App Controller が含まれています。 

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager へのアップグレード シーケンスについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Virtual Machine Manager and App Controller (System Center 2012 R2) の内容を意訳したものとなります。

System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager (VMM)、および System Center 2012 R2 – App Controller は、最後にアップグレードする 2 つのコンポーネントです。VMM、および App Controller のバージョン間の依存関係はハード コーディングされているため、これらの 2 つのコンポーネントは同時にアップグレードする必要があります。

適用可能な場合、VMM および App Controller をアップグレードする前に、Service Management Automation (SMA) をインストールし、Orchestrator をアップグレード、Service Manager をアップグレード、Data Protection Manager (DPM) をアップグレード、Operations Manager をアップグレード、そして Configuration Manager をアップグレードします。

■VMM および App Controller のアップグレード シーケンス

  1. Operations Manager コンピューター上で、監視対象となっているすべての MM およびApp Controller コンポーネントをメンテナンスモード にします。
  2. Orchestrator Deployment Manager をホストしているコンピューター上で、Virtual Mahine Manager (VMM) の統合パック (IP) をアンインストールします。
  3. VMM のアップグレード ガイドに記載されている手順にしたがい、VMM をアップグレードします。
  4. App Controller のアップグレード ガイドに記載されている手順にしたがい、App Controller をアップグレードします。

■VMM および App Controller のアップグレード後

  1. コンピューター上で、 System Center 2012 R2 – VMM の統合パック (IP) をインストールします。
  2. Operations Manager コンピューター上の Operations Manager コンソールで、System Center 2012 R2 – VMM、および System Center 2012 R2 – App Controller の管理パックをインストールします。
  3. VMM コンピューター上で、以下の接続ポイントと機能していることを確認します。
    1. Operations Manager と以下の接続が機能していることを確認します。
      • 管理パック
      • Operations Manager コンソール
    2. エージェントが Configuration Manager で機能していることを確認します。
    3. コネクタが Service Manager で機能していることを確認します。
    4. IP が Orchestrator で機能していることを確認します。
  4. App Controllerコンピューター上で、以下の接続ポイントと機能していることを確認します。
    1. エージェントが Configuration Manager で機能していることを確認します。
    2. VMM 管理コンソールが VMM で機能していることを確認します。
    3. Windows Azure SDK が Windows Azure で機能していることを確認します。
    4. エージェントが Operations Manager で機能していることを確認します。

[参考]