WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレット (Get-WsusClassification) について

スポンサーリンク

Windows OS や SQL Server などの、Microsoft 社製品に対する更新プログラムやサービスパックなどを適用する場合、Windows Update を利用して実施するのが一般的と思われます。

しかし、適用するサーバー、クライアントの台数が複数ある環境では、どの更新プログラムやサービスパックを適用すべきか、適用されたか、など管理工数が増加することがよくあります。

Windows Server Update Services (WSUS) サービスを利用することで、Windows OS を実行しているコンピューターに対して、Microsoft 社製品の最新の更新プログラムを効率的に展開することが可能となります。また、WSUS を使用することで、管理しているネットワーク上に存在しているコンピューターへの配布作業を効率的に管理することが可能となります。

Windows Server 2012 から、PowerShell コマンドレットを使用して WSUS の設定が行えるようになりました。しかし、WSUS に関するコマンドレットの情報について、英語の情報はあるものの、日本語の情報についてはあまり公開されていません。

ここでは、WSUS に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WsusClassification」コマンドレットについて、日本語の情報として纏めてみました (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。
※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 と比較した際に相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果) の情報を元に編集、意訳したものとなります。


■概要

システム上で現在利用可能なすべての Windows Server Update Services (WSUS) の分類のリストを取得します。

■構文

Get-WsusClassification [-UpdateServer] [<CommonParameters>]

■説明

Get-WsusClassification コマンドレットは、システム上で現在利用可能なすべての Windows Server Update Services (WSUS) の分類のリストを取得します。このリストは、Set-WsusClassification コマンドレットへパイプラインで送った結果を、Where-Object コマンドレットを使用してフィルターに通すことができます。

■パラメーター

-UpdateServer <IUpdateServer>
WSUS サーバーが含まれるオブジェクトを指定します。この値は、Get-WsusServer コマンドレットを呼び出し、このコマンドレットに結果として生成される IUpdateServer オブジェクトをパイプラインで送ることによって取得します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • Microsoft.UpdateServices.Commands.IUpdateServer
    IUpdateServer

■出力

■例

例 1

 Get-WsusServer | Get-WsusClassification 

Title                                                       ID
—–                                                       —
Applications                                                5c9376ab-8ce6-464a-b136-22113dd69801
Critical Updates                                            e6cf1350-c01b-414d-a61f-263d14d133b4
Definition Updates                                          e0789628-ce08-4437-be74-2495b842f43b
Drivers                                                     ebfc1fc5-71a4-4f7b-9aca-3b9a503104a0
Feature Packs                                               b54e7d24-7add-428f-8b75-90a396fa584f
Security Updates                                            0fa1201d-4330-4fa8-8ae9-b877473b6441
Service Packs                                               68c5b0a3-d1a6-4553-ae49-01d3a7827828
Tools                                                       b4832bd8-e735-4761-8daf-37f882276dab
Update Rollups                                              28bc880e-0592-4cbf-8f95-c79b17911d5f
Updates                                                     cd5ffd1e-e932-4e3a-bf74-18bf0b1bbd83

この例は、すべての分類を取得し、画面上に表示します。

例 2

 Get-WsusServer | Get-WsusClassification | Where-Object –FilterScript {$_.Classification.Title -Eq &quot;Drivers&quot; 

Title                                                       ID
—–                                                       —
Drivers                                                     ebfc1fc5-71a4-4f7b-9aca-3b9a503104a0

この例は、Drivers のタイトルを持つ分類を取得します。

■関連するトピック

  • Where-Object
  • Set-WsusClassification

[参考]