WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレット (Get-WsusComputer) について

スポンサーリンク

Windows OS や SQL Server などの、Microsoft 社製品に対する更新プログラムやサービスパックなどを適用する場合、Windows Update を利用して実施するのが一般的と思われます。

しかし、適用するサーバー、クライアントの台数が複数ある環境では、どの更新プログラムやサービスパックを適用すべきか、適用されたか、など管理工数が増加することがよくあります。

Windows Server Update Services (WSUS) サービスを利用することで、Windows OS を実行しているコンピューターに対して、Microsoft 社製品の最新の更新プログラムを効率的に展開することが可能となります。また、WSUS を使用することで、管理しているネットワーク上に存在しているコンピューターへの配布作業を効率的に管理することが可能となります。

Windows Server 2012 から、PowerShell コマンドレットを使用して WSUS の設定が行えるようになりました。しかし、WSUS に関するコマンドレットの情報について、英語の情報はあるものの、日本語の情報についてはあまり公開されていません。

ここでは、WSUS に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WsusComputer」コマンドレットについて、日本語の情報として纏めてみました (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。
※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 と比較した際に相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果) の情報を元に編集、意訳したものとなります。


■概要

クライアント コンピューターを示す、Windows Server Update Services (WSUS) コンピューター オブジェクトを取得します。

■構文

Get-WsusComputer [-All] [-UpdateServer] [<CommonParameters>]

Get-WsusComputer [-ComputerTargetGroups]
     [-ComputerUpdateStatus {Any | Failed | FailedOrNeeded | InstalledOrNotApplicable | InstalledOrNotApplicableOrNoStatus | Needed | NoStatus}]
     [-ExcludedInstallationStates] [-FromLastReportedStatusTime] [-FromLastSyncTime]
     [-IncludedInstallationStates] [-IncludeDownstreamComputerTargets]
     [-IncludeSubgroups] [-NameIncludes] [-RequestedTargetGroupNames]
     [-ToLastReportedStatusTime] [-ToLastSyncTime] [-UpdateServer]
     [<CommonParameters>]

■説明

Get-WsusComputer コマンドレットは、指定したフィルタリング基準 (オペレーティング システム、コンピューター名、更新インストール状態、最後に報告された状態の時刻、その他) に基づいて、1 つまたは複数のコンピューターの情報を取得します。

Get-WsusServer コマンドレットが実行、および結果として生成される IUpdateServer オブジェクトがパイプラインでこのコマンドレットに送られる場合、指定されたサーバーはローカル サーバーよりも使用されます。

このコマンドレットは、Add-WsusComputer コマンドレットにパイプラインで送ることができます。

■パラメーター

-All [<SwitchParameter>]
すべてのコンピューターが返されることを指定します。この情報は、コンピューター名、IP アドレス、オペレーティング システム、および最終の状態のレポート時刻を含んで表示します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ComputerTargetGroups <StringCollection>
検索するターゲット グループのリストを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ComputerUpdateStatus <WsusUpdateInstallationState>
WSUS コンソール ユーザー インタフェースにおいて表されるコンピューター更新状態を指定します。このパラメーターに対して、許容できる値は以下の通りです。

  • FailedOrNeeded
  • InstalledNotApplicableOrNoStatus
  • Failed
  • InstalledNotApplicable
  • NoStatus
  • Any
必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExcludedInstallationStates <UpdateInstallationStates[]>
除外するインストール状態を指定します。このパラメーターに対して、許容できる値は以下の通りです。

  • All
  • Downloaded
  • Failed
  • Installed
  • InstalledPendingReboot
  • NotApplicable
  • NotInstalled
  • Unknown

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FromLastReportedStatusTime <DateTime>
最も速く報告された状態の時刻を指定します。このパラメーターは、検索で使用する日付の範囲を作成するために、ToLastReportedStatusTime パラメーターを結合して使用することができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FromLastSyncTime <DateTime>
検索する最も早い最終同期時刻を指定します。このパラメーターは、検索で使用する日付の範囲を作成するために、ToLastSynchTime パラメーターを結合して使用することができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IncludeDownstreamComputerTargets [<SwitchParameter>]
この WSUS サーバーのクライアントではなく、ダウンストリーム サーバーに含めるべきクライアントを示しています。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IncludeSubgroups [<SwitchParameter>]
ComputerTargetGroupsパラメータ が派生グループを含まなければならないことを示しています。ComputerTargetGroups パラメーターが使用されない場合、この値は影響されません。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-IncludedInstallationStates <UpdateInstallationStates[]>
含むインストール状態を指定します。このパラメーターに対して、許容できる値は以下の通りです。

  • All
  • Downloaded
  • Failed
  • Installed
  • InstalledPendingReboot
  • NotApplicable
  • NotInstalled
  • Unknown
必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-NameIncludes <String>
検索するコンピューターの部分的な名前を指定します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RequestedTargetGroupNames <StringCollection>
検索する要求されたターゲットグループのリストを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ToLastReportedStatusTime <DateTime>
最新の報告された状態の時刻を指定します。このパラメーターは、検索で使用する日付の範囲を作成するために、FromLastReportedStatusTime パラメーターを結合して使用することができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ToLastSyncTime <DateTime>
検索する最新の、最終同期時刻を指定します。 このパラメーターは、検索で使用する日付の範囲を作成するために、FromLastSynchTime パラメーターを結合して使用することができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-UpdateServer <IUpdateServer>
WSUS サーバーが含まれるオブジェクトをしています。この値は、Get-WsusServer コマンドレットを呼び出し、このコマンドレットに結果として生成された IUpdateServer オブジェクトをパイプラインに送ることによって取得されます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • Microsoft.UpdateServices.Commands.IUpdateServer
    IUpdateServer

■出力

  • None

■例

例 1

 Get-WsusComputer -All 

Computer                      IP Address                    Operating System              Last Status Report
——–                      ———-                    —————-              ——————
contoso                       XXXX:XXXX:XX:X:XXXX:XXX:XXXX:  Windows Server 2008           6/2/2010 12:00:00 AM
                              XXXX                          Enterprise Edition (full
                                                            installation)

この例では、すべてのクライアント コンピューターを取得します。

例 2

 Get-WsusComputer -NameIncludes contoso 

Computer                      IP Address                    Operating System              Last Status Report
——–                      ———-                    —————-              ——————
contoso                       XXXX:XXXX:XX:X:XXXX:XXX:XXXX:  Windows Server 2008           6/2/2010 12:00:00 AM
                              XXXX                          Enterprise Edition (full
                                                            installation)

この例では、「consoto」を含む名前のクライアント コンピューターを取得します。

例 3

 Get-WsusComputer -FromLastReportedStatusTime 6/1/10 -ToLastReportedStatusTime 6/30/10 

Computer                      IP Address                    Operating System              Last Status Report
——–                      ———-                    —————-              ——————
contoso                       XXXX:XXXX:XX:X:XXXX:XXX:XXXX:  Windows Server 2008           6/2/2010 12:00:00 AM
                              XXXX                          Enterprise Edition (full
                                                            installation)

この例では、2010/06/01 から 2010/06/30 までの期間で最後に報告された状態の日付および時間持つクライアント コンピューターを持ちます。

■関連するトピック

  • Add-WsusComputer
  • Get-WsusServer

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク