DPM データベースとしてローカル インスタンスを使用した DPM サーバーのインストール

スポンサーリンク

Data Protection Manager (DPM) がバックアップした情報を保存するためには、DPM データベース (DPMDB) が必要となります。

DPM が DPMDB をホストするためには、SQL Server のインスタンスが必要となります。

DPMDB は、System Center 2012 SP1 までローカル インスタンス、もしくはリモート インスタンス上に配置でき、ローカル インスタンス上にインストールする場合には、DPM サーバーのインストールとともに自動的にインストールことができました。

System Center 2012 R2 – DPM では、クラスター化された SQL Server 上に DPMDB を配置することが可能になりましたが、ローカル インスタンスに配置する際も DPM のインストール前に手動で SQL Server をインストール、設定する必要があります。

System Center 2012 R2 – DPM でサポートする DPMDB の配置については、以下の方法に分類されます。

この記事では、DPM データベースとしてローカル インスタンスを使用した DPM サーバーのインストール手順について纏めています (方法 1)。
※System Center 2012 R2 – DPM のシステム要件は「System requirements for System Center 2012 R2 – DPM」を、SQL Server 要件は「Preparing the DPM SQL Server database」、およびセットアップ要件は、「Setup prerequisites」を参照願います。

なお、OS は Windows Server 2012 R2 Datacenter、SQL Server は SQL Server 2012 SP1 Enterprise を使用して 1 台のサーバー (ここではサーバー名を「DPM2012R2」としています) にインストールしており、ドメインに参加、かつセキュリティが強化された Windows ファイアウォールを無効にした状態としています。

[SQL Server のインストールおよび設定手順]

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. SQL Server 2012 SP1 のインストール メディアをドライブに挿入し、「Setup.exe」を実行、[SQL Server インストール センター] を起動します。
  3. 「インストール」をクリックします。
  4. 「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します」をクリックします。
  5. [OK] ボタンをクリックします。
  6. インターネットに接続されている場合、SQL Server 製品の更新プログラムのインストール画面が表示されます。
    ここでは、更新プログラムをインストールするために、「SQL Server  製品の更新プログラムを含める」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  7. セットアップ ファイルのインストールが実行されます。
  8. セットアップ ファイルのインストールが完了すると、セットアップ サポート ルールが実行されるので、[次へ] ボタンをクリックします。

    なお、Windows ファイアウォールが有効になっている場合は、以下の警告が表示されます。
  9. 「プロダクト キーを入力する」を選択、プロダクト キーを入力した後、[次へ] ボタンをクリックします。
  10. 「ライセンス条項に同意します。」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  11. 「SQL Server 機能のインストール」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  12. [機能の選択] 画面にて、以下のとおり [インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス]、[インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス] – [検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出]、[Reporting Services – ネイティブ]、[管理ツール – 基本]、および [管理ツール – 完全] のチェックボックスをオンにし、[次へ]ボタンをクリックします。
  13. [次へ]ボタンをクリックします。
  14. デフォルト設定のままで、[次へ]ボタンをクリックします。
  15. [次へ] ボタンをクリックします。
  16. 照合順序は、ここではデフォルトの [Japanese_CI_AS] のままで、[SQL Server エージェント] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」、[スタートアップの種類] を「自動」に、[SQL Server データベース エンジン] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」に、および [SQL Server Reporting Services] のアカウント名を「NT AUTHORITYNETWORK SERVICE」に変更し、[次へ] ボタンをクリックします。

    英語版における照合順序の推奨は「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」のようです。

    ※SQL Server のインストール後にアカウント名やスタートアップの種類を変更することは可能ですが、DPM のインストールに失敗することがあります(こちらのブログに詳細が記載されています)。

  17. [認証モード] をデフォルトの「Windows 認証モード」を設定し、[SQL Server 管理者の指定] では、[現在のユーザーの追加] ボタンをクリックし、[次へ] ボタンをクリックします(データ ディレクトリおよび FILESTREAM はデフォルト設定のままとしています)。
  18. 「インストールと構成。」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  19. [次へ] ボタンをクリックします。
  20. [次へ] ボタンをクリックします。
  21. [インストール] ボタンをクリックします。
  22. [閉じる]ボタンをクリックし、[SQL Server インストール センター] の画面を閉じて、SQL Server のインストールを終了します。

[DPM のインストールおよび設定手順]

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. System Center 2012 R2 – DPM のインストール メディアをドライブに挿入し、「Setup.exe」を実行します。
  3. [Data Protection Manager] をクリックします。
  4. 「ライセンス条項および条件に同意する」のチェックボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。
  5. 必要なセットアップコンポーネントがインストールされます。
  6. [次へ] ボタンをクリックします。
  7. 「スタンドアロン SQL Server を使用する (SQL Server がクラスター化されていない場合)」を選択、SQL Server のインスタンスを入力 (「localhost」ではなく、「DPM2012R2」)し、[確認してインストール]ボタンをクリックします。
  8. [次へ] ボタンをクリックします。

    なお、SISFilter が このタイミングでインストールされた場合、[キャンセル] ボタンをクリックし、システムを再起動し、再度手順 1. から実施します。
  9. [ユーザー名] および [会社名] を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。
  10. [次へ] ボタンをクリックします。
  11. Windows Update を使用するかどうかの選択を実施 (ここでは、「Microsoft Update を使用しない」を選択しています) し、[次へ] ボタンをクリックします。
  12. カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうかの選択 (ここでは、「いいえ、後で通知を受け取ります」を選択しています) を実施し、[次へ] ボタンをクリックします。
  13. [インストール] ボタンをクリックします。
  14. インストールが開始します。
  15. [閉じる] ボタンをクリックし、[終了] をクリック、DPM のインストールを終了します。

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. kogesaka より:

    SQL Server の照合順序について追記しました。

  2. kogesaka より:

    System Center 2012 R2 – DPM でサポートする DPMDB の配置図を修正しました。

  3. […] DPM データベースとしてローカル インスタンスを使用した DPM サーバーのインストール | 焦げlog http://kogelog.com/2014/01/25/20140125-01/ […]

  4. kogesaka より:

    文言修正しました。