System Center 2012 SP1 – DPM から追加されたコマンドレット (Get-DPMAccessLicense) について

スポンサーリンク

System Center 2012 Service Pack 1 – Data Protection Manager (SC 2012 SP1 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 管理シェルは、SC 2012 SP1 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Get-DPMAccessLicense」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2012 SP1 – DPM で追加されたコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-DPMAccessLicense

■概要

DPM サーバーおよび保護されたコンピューターに対するライセンス情報を取得します。

■構文

Get-DPMAccessLicense [[-License] [<SwitchParameter>]] [[-DPMServerName] <String>] [<CommonParameters>]

Get-DPMAccessLicense [-LicenseName] {SML | CML} [[-Period] <Int32>] [[-DPMServerName] <String>] [<CommonParameters>]

■説明

このコマンドレットは、DPM サーバーおよび保護されたコンピューターに対するライセンス情報を取得します。-License パラメーターは、DPM によってサポートされているライセンスを取得します。-LicenseName パラメーター セットは、現在から (n から 90の範囲) 日間の期間中にアクティブだった管理ライセンス (管理されたサーバー/クライアント) を取得します。

■パラメーター

-DPMServerName <String>
DPM サーバー名を指定します。値が指定されない場合、ローカル コンピューターが DPM サーバーとみなされます。

必須 false
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-License [<SwitchParameter>]
表示されるべきライセンス情報を指定します。このパラメータを使用する場合、ライセンスに関する以下の情報を取得します: 製品名、ライセンス名、ライセンス タイプおよびタブ記法。

必須 false
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-LicenseName <LicenseNames>
特定のライセンス タイプの下で保護されているすべてのコンピュータをリストします。 このパラメータは、2 つの値 (SMLとCML) を指定することができます。 SML は、サーバー オペレーティング システムおよび DPM によって管理されたすべてのコンピューターを取得します。CML は、クライアント オペレーティングシステムがインストールされた、および DPM によって管理されたすべてのコンピュータを取得します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Period <Int32>
今日から (n – 90 の範囲) 日間で使用されたすべてのライセンスを取得するときに指定します。このパラメータは、0 から 7 にわたる値を指定することができ、この値を空白とした場合、最後の 90 日間を超えて現在も使用中のすべてのライセンスを表示します。

必須 false
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • 入力タイプは、コマンドレットへパイプすることができるオブジェクトのタイプです。

■出力

  • 出力タイプは、コマンドレットが発行するオブジェクトのタイプです。

■例

例 1

Get-DPMAccessLicense -LicenseName &quot;SML&quot;

このコマンドレットは、実行しているサーバー オペレーティングシステム、および DPM によって管理されているすべてのコンピューターを取得します。

例 2

Get-DPMAccessLicense -DpmServerName MyDpm -Period 5 -LicenseName &quot;SML&quot;

このコマンドレットは、サーバー オペレーティング システムおよび MyDPM によって管理されたコンピューター上で最後の5日間におけるすべてのアクティブ ライセンスを取得します。

■関連するトピック

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] System Center 2012 SP1 – DPM から追加されたコマンドレット (Get-DPMAccessLicense) について | 焦げloghttp://kogelog.com/2014/01/28/20140128-01/ […]