System Center 2012 SP1 – DPM から追加されたコマンドレット (Get-DPMCloudRecoveryService) について

スポンサーリンク

System Center 2012 Service Pack 1 – Data Protection Manager (SC 2012 SP1 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM 管理シェルは、SC 2012 SP1 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Get-DPMCloudRecoveryService」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「System Center 2012 SP1 – DPM で追加されたコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-DPMCloudRecoveryService

■概要

■構文

Get-DPMCloudRecoveryService [[-DPMServerName] <string>] [-Certificate] <CloudCertificate> [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>]

■説明

■パラメーター

-Certificate <CloudCertificate>

必須 true
位置 1
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-Confirm

必須 false
位置 名前付き
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス cf
動的 false

-DPMServerName <string>

必須 false
位置 0
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス なし
動的 false

-WhatIf

必須 false
位置 名前付き
パイプライン入力を許可する false
パラメーター セット名 (すべて)
エイリアス wi
動的 false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.CloudManagement.CloudCertificate

■出力

  • System.Object

■例

■関連するトピック

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] System Center 2012 SP1 – DPM から追加されたコマンドレット (Get-DPMCloudRecoveryService) について | 焦げloghttp://kogelog.com/2014/01/30/20140130-01/ […]