SC 2012 R2 – DPM の仮想環境へのインストールの準備について

スポンサーリンク

2013/11/01 にWindows Server 2012 R2、および System Center 2012 R2 が発売されました。

System Center 2012 R2 には、バックアップ管理ツールである Data Protection Manager (DPM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – DPM の仮想環境へのインストールの準備について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Preparing for installation in a virtual environnment の内容を意訳したものとなります。


System Center 2012 R2 – Data Protection Manager (SC 2012 R2 – DPM) の新しいバージョンのリリースを持って、仮想マシン上に DPM をインストールするためのオプションがあります。インストール手順および記憶域の構成プロセスは、物理環境でのインストールと同じままですが、以下の仮想環境に対する考慮店があります。

  • 高可用性DPM 記憶域に対し、仮想ハードディスクはスケールアウト ファイル サーバー上に配置されるべきです。
  • 仮想環境での DPM のインストールは、スケールアップされた環境に対しては、お勧めしません。代わりに、直接接続された SAN ベースの記憶域を使用します。
  • VHDX に対する容量の制限はありません。
  • 容量固定、および可変容量の VHDX ファイルをサポートします。
  • DPM 記憶域プール内の VHD および VHDX ファイルをサポートします。
  • 容量固定、および可変容量の仮想ハードディスクに対して、VHD および VHDX ファイルはリモート SMB 共有上でサポートされます。
  • 性能は SAN と比較して、VHDX を用いてスケールアップ (Hyper-V on CSV) 環境では影響を受けやすいです。そのため、スケールアップ環境では VHDX の使用を推奨しません。
  • 仮想環境の DPM のインストールは、以下の項目をサポートしていません。
    • Windows 2012 記憶域スペース
    • 仮想ハード ドライブが記憶域の最上位で構成されている
    • Windows 2012 記憶域スペース上のローカル、もしくはリモート上でホストされた VHDX ファイル
    • 仮想ハードドライブをホストしているデータ重複排除の有効化
    • テープ ドライブに接続された人工 FC の使用
    • DPM 記憶域プールとして (仮想ハード ドライブを接続した) Windows 2012 iSCSI ターゲット
    • DPM 記憶域プールを用いた VHD ファイルをホストしているボリュームの NTFS 圧縮
    • 記憶域プールに対して使用される VHD ファイルをホストしているボリューム上の BitLocker
    • DPM 記憶域プール内の VHDXファイルに対する物理ディスクのネイティブ 4K セクター サイズ
    • DPM 記憶域プールがホストしている SMB3.0 共有
    • Windows Server 2008 Server 上でホストされた仮想ハード ドライブ

—–

より詳細なリソースについては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tips: TechNet ライブラリで、System Center のオンライン ドキュメントを検索するには、このクエリを使用してください。手順、および例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。

—–


[参考]