SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Remove-DPMChildDatasource) について

スポンサーリンク

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager (SC 2012 R2 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

SC 2012 Service Pack1 RollUp 2 – DPM 以降と同様に、SC 2012 R2 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Remove-DPMChildDatasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Remove-DPMChildDatasource

■概要

データ ソースまたは子データ ソースを保護グループから削除します。

■構文

Remove-DPMChildDatasource [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-ChildDatasource] <ProtectableObject[]> [-KeepDiskData [<SwitchParameter>]] [-KeepOnlineData [<SwitchParameter>]] [-KeepTapeData [<SwitchParameter>]] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Remove-DPMChildDatasource [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-ChildDatasource] <ProtectableObject[]> [-Online] [<SwitchParameter>] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

Remove-ChildDatasource コマンドレットは、データ ソースまたは子データ ソースを保護グループから削除します。子データ ソースとは、保護されるボリューム上のファイルまたはフォルダーを指します。

Remove-Datasource コマンドレットを使用してデータ ソースを削除する場合、除外の設定と同じになります。

■パラメーター

-ChildDatasource <ProtectableObject[]>
個別に保護できるデータ ソース。たとえば、ファイル システムにあるフォルダーです。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-KeepDiskData [<SwitchParameter>]
ディスク上にデータを保持します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-KeepOnlineData [<SwitchParameter>]
DPM オンラインのデータを保持することを示します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-KeepTapeData [<SwitchParameter>]
テープ上にある既存のデータを保持します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Online [<SwitchParameter>]

必須 true
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-PassThru [<SwitchParameter>]
-PassThru パラメーターは DPM の多くのコマンドで使用でき、既定の出力がない場合に関連オブジェクトを返します。-PassThru パラメーターを使用すると、上記のコマンドレットをパイプラインの一部にすることができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ProtectionGroup <ProtectionGroup>
保護グループの名前。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • 入力タイプは、コマンドレットへパイプすることができるオブジェクトのタイプです。

■出力

  • 出力タイプは、コマンドレットが発行するオブジェクトのタイプです。
    • ProtectionGroup

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Remove-DPMChildDatasource -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Remove-DPMChildDatasource -full」と入力してください。

■エイリアス

  • Remove-ChildDatasource

■例

例 1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg=Get-ModifiableProtectionGroup $pg[0]
$po = Get-Datasource -ProtectionGroup $pg
Remove-DPMChildDatasource -ProtectionGroup $mpg -ChildDatasource $po[8]

This command removes the ninth child data source stored in the parent data source.

■関連するトピック

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク