SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DPMDatasourceProtectionOption) について

スポンサーリンク

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager (SC 2012 R2 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

SC 2012 Service Pack1 RollUp 2 – DPM 以降と同様に、SC 2012 R2 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Set-DPMDatasourceProtectionOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-DPMDatasourceProtectionOption

■概要

指定したデータ ソースの保護オプションを設定します。

■構文

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-FileType] <String> [-PassThru [<SwitchParameter>]] -Add [<SwitchParameter>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-AllowClientUserToAddFileSpecs] <Boolean> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-AutoConsistencyCheck] <Boolean> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [[-TopologyType] <ProtectionTopologyType>] [[-PreferredPhysicalNode] <String[]>] [-BackUpType <AllowedBackupTypeType>] [-Datasource <Datasource>] [-EseutilCheckType <EseutilTypeType>] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-RunEseUtilConsistencyCheck [<SwitchParameter>]] -ExchangeOptions [<SwitchParameter>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-Path] <String> [-ClientFileSpecOperation] <ClientFileSpecOperationType> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMDatasourceProtectionOption [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-FileType] <String> [-PassThru [<SwitchParameter>]] -Remove [<SwitchParameter>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

Set-DPMDatasourceProtectionOption コマンドレットは、指定したデータ ソースの保護オプションを設定します。

-Remove パラメーターを使用すると、特定の種類のすべてのファイルを保護から除外することができます。例 : mp3ファイル

-Add パラメーターを使用すると、-Remove パラメーターを使用して設定した除外を削除することができます。

-ExchangeOptions パラメーターを使用すると、Exchange データ ソースの保護オプションを設定することができます。

■パラメーター

-Add [<SwitchParameter>]
保護グループにファイルの除外を追加します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AllowClientUserToAddFileSpecs <Boolean>
保護するフォルダーをエンド ユーザーが指定できるかどうかを示します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AutoConsistencyCheck <Boolean>
レプリカが不整合になった場合に、保護グループのデータ ソースに対して自動的に整合性チェックを実行するかどうかを示します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-BackUpType <AllowedBackupTypeType>
バックアップの種類を示します。有効な値は ”CopyBackup” および ”FullBackup” です。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ClientFileSpecOperation <ClientFileSpecOperationType>
包含または除外する一覧において追加または削除するフォルダーを示します。このパラメーターは次の値を取ることができます。

  • AddInclude
  • RemoveInclude
  • AddExclude
  • RemoveExclude
必須true
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Datasource <Datasource>
Windows ファイル システムの共有またはボリューム、Microsoft SQL Server データベース、Microsoft Exchange ストレージ グループ、Microsoft SharePoint ファーム、Microsoft Virtual Machine、DPM データベース、または保護グループのメンバーであるシステム状態。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-EseutilCheckType <EseutilTypeType>
Eseutil の実行方法を示します。このパラメーターが取ることができる値は”DontRun”、”RunOnLogs”、および ”RunOnLogsAndDB” です。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ExchangeOptions [<SwitchParameter>]
後に続くオプションが Microsoft Exchange データ ソースのみに影響することを示します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-FileType <String>
保護で包含または除外するファイルの種類を示します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PassThru [<SwitchParameter>]
-PassThru パラメーターは DPM の多くのコマンドで使用でき、既定の出力がない場合に関連オブジェクトを返します。-PassThru パラメーターを使用すると、上記のコマンドレットをパイプラインの一部にすることができます。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <String>
フォルダーのパス。

Set-DPMDatasourceProtectionOption コマンドレットの場合、このパラメーターは、包含または除外する一覧において追加または削除するパスを示します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PreferredPhysicalNode <String[]>
Microsoft Exchange Server 2007 のクラスター連続レプリケーションのみに適用されます。優先サーバーのトポロジを選択した場合、保護されるサーバーを指定する必要があります。

必須false
位置4
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ProtectionGroup <ProtectionGroup>
保護グループの名前。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Remove [<SwitchParameter>]
削除操作が実行されることを示します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RunEseUtilConsistencyCheck [<SwitchParameter>]
EseUtil 整合性チェックが実行されることを示します。これが適用されるのは、Microsoft Exchange データ ソースだけです。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TopologyType <ProtectionTopologyType>
Microsoft Exchange Server 2007 のクラスター連続レプリケーションのみに適用されます。有効なトポロジは、”Active”、”Passive”、および ”Active if Passive Not Available” です。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • 入力タイプは、コマンドレットへパイプすることができるオブジェクトのタイプです。

■出力

  • 出力タイプは、コマンドレットが発行するオブジェクトのタイプです。
    • Datasource

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Set-DPMDatasourceProtectionOption -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Set-DPMDatasourceProtectionOption -full」と入力してください。

■エイリアス

  • Set-DatasourceProtectionOption

■例

■関連するトピック

[参考]

コメント