SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Test-DPMTapeData) について

スポンサーリンク

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager (SC 2012 R2 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

SC 2012 Service Pack1 RollUp 2 – DPM 以降と同様に、SC 2012 R2 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Test-DPMTapeData」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Test-DPMTapeData

■概要

回復ポイントのデータ セットを検証します。

■構文

Test-DPMTapeData [-RecoveryPoint] <RecoverySource> [-JobStateChangedEventHandler <JobStateChangedEventHandler>] [-RecoveryPointLocation <RecoverySourceLocation>] [<CommonParameters>]

■説明

Test-DPMTapeData コマンドレットは、回復ポイントのデータ セットを検証します。

■パラメーター

-JobStateChangedEventHandler <JobStateChangedEventHandler>
-JobStateChangedEventHandler を -Async パラメーターと一緒に使用すると、操作の状態をユーザーに通知することができます。これは、コマンドレットを使用した GUI の構築時に役立ちます。ただし、DPM 管理シェルの操作時には使用されません。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryPoint <RecoverySource>
使用する回復ポイント。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryPointLocation <RecoverySourceLocation>
回復ポイントの場所。このパラメーターが必要となるのは、回復する項目が特定の同じ時点で複数の場所に存在する場合です。たとえば、ディスクおよびテープ上に存在する場合や、2 つのテープ上に存在する場合などです。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • 入力タイプは、コマンドレットへパイプすることができるオブジェクトのタイプです。

■出力

  • 出力タイプは、コマンドレットが発行するオブジェクトのタイプです。
    • RecoveryPoint

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Test-DPMTapeData -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Test-DPMTapeData -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし。

■例

例 1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$ds = Get-Datasource -ProtectionGroup $pg
$rp = Get-RecoveryPoint -Datasource $ds
$rsl = Get-RecoveryPointLocation -RecoveryPoint $rp[1]
Test-DPMTapeData -RecoveryPoint $rp[1] -RecoveryPointLocation $rsl

このコマンドにより、指定した場所で回復ポイントが検証されます。

■関連するトピック

[参考]