Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Add-WBBackupTarget) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Add-WBBackupTarget」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Add-WBBackupTarget

■概要

バックアップ ポリシーにバックアップ ターゲットを追加します。

■構文

Add-WBBackupTarget [-Policy] <WBPolicy> [-Target] <WBBackupTarget> [[-Force]] [<CommonParameters>]

■説明

Add-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトへ指定したバックアップの保存場所として WBBackupTarget に追加します。このコマンドレットを使用するために、WBBackupTarget を作成するために最初に New-WBBackupTarget コマンドレットを使用しする必要があります。Add-WBBackupTarget コマンドレットを使用することで、保存場所としてディスク、ボリューム、またはリモート共有フォルダー (ネットワーク) の場所のいずれかを指定することが可能です。

WBPolicy オブジェクトへバックアップ ターゲットを追加する前に、WBPolicy オブジェクトを編集モードにする必要があります。スケジュールされたバックアップ ポリシーとして設定されたポリシーに対して、WBPolicy オブジェクトを編集モードとするには、-Editable パラメーターとともに Get-WBPolicy コマンドレットを使用します。New-WBPolicy コマンドレットは、すでに編集モードにある新しい WBPolicy オブジェクトを作成します。

バックアップの保存場所としてディスクを指定すると、そのディスクが使用前にフォーマットされるため、ディスク上の既存のデータは完全に消去されます。

保存場所として指定できる共有フォルダーは常に 1 つのみであるため、さらに保存場所を追加することはできません。ただし、保存場所ごとに Add- WBBackupTarget コマンドレットを呼び出すことによって、同時に複数のディスクまたはボリュームを指定することができます。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-Force [<SwitchParameter>]
確認のプロンプトを表示せずに、コマンドレットがバックアップ ターゲットを追加する場合に指定します。既定では、実行前に確認のプロンプトをコマンドレット上に表示します。

必須fase
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Policy <WBPolicy>
更新するバックアップ ポリシーが含まれるバックアップ ポリシー オブジェクトを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Target <WBBackupTarget>
バックアップ ポリシーに追加するバックアップの保存場所が含まれるバックアップ ターゲット オブジェクトを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupTarget, WBPolicy
    •  Add-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトへ新しいバックアップの記憶域が含まれる WBBackupTarget オブジェクトに追加します。複数の保存場所を追加するには、保存場所ごとに Add-WBBackupTarget コマンドレットを呼び出す必要があります。

■出力

  • WBBackupTarget[]
    •  Add-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトから保存場所の一覧を表示します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Add-WBBackupTarget -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Add-WBBackupTarget -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: バックアップ ポリシーにバックアップの記憶域を追加する

 $Policy = Get-WBPolicy 
Add-WBBackupTarget -Policy $Policy -Target $BackupLocation 

この例では、バックアップ ポリシーにバックアップの記憶域を追加します。

最初のコマンドで、現在のバックアップ ポリシーの情報を取得し、変数 $Policy に格納します。

2 番目のコマンドで、WBPolicy オブジェクト変数 $Policy にバックアップの保存場所である変数 $BackupLocation を追加します。New-WBBackupTarget コマンドレットを用いて 変数 $BackupLocation へ保存場所を追加することで、バックアップ ターゲットを作成することが可能です。

■関連するトピック

  • Get-WBBackupTarget
  • Get-WBPolicy
  • New-WBBackupTarget
  • New-WBPolicy
  • Remove-WBBackupTarget

[参考]