Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Get-WBBackupSet) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WBBackupSet」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Get-WBBackupSet

■概要

指定した場所からサーバーのバックアップを取得します。

■構文

Get-WBBackupSet [[-BackupTarget] <WBBackupTarget>] [[-MachineName] <String>] [<CommonParameters>]

■説明

Get-WBBackupSet コマンドレットは、指定した場所からサーバーのバックアップを含む WBBackupSet オブジェクトの一覧を取得します。WBBackupSet オブジェクトはバックアップ時間および日付、バックアップした コンピューター、バックアップ タイプ、およびバックアップした部分の項目に関する情報を含みます。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-BackupTarget <WBBackupTarget>
WBBackupTarget
オブジェクトを指定します。このオブジェクトは、バックアップの詳細を取得する記憶域の場所が含まれます。

ローカル コンピューター以外のコンピューターのバックアップに関する情報を取得するためにこのパラメーターを使用します。コマンドレットは、ローカル コンピューター上のシステム カタログからではなく、指定したコンピューター上のカタログからバックアップ設定を一覧化します。交互の場所はローカル上に接続されたディスク ドライブもしくはリモート供給フォルダーとなりえます。

-MachineName パラメーターとともにこのパラメーターを指定する場合、コマンドレットはこのパラメーター内で指定した記憶域の場所からバックアップ情報を返します。この記憶域の場所は、-MachineName パラメーターに指定したサーバー上となります。

必須 false
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-MachineName <String>
バックアップの詳細を取得するコンピューターを指定します。

このパラメーターは、異なるコンピューターのバックアップが同じ場所に現れる、もしくはバックアップの詳細が含まれた記憶域の場所を指定するために -BackupTarget パラメーターを使用する場合に用います。

-MachineName パラメーターとともにこのパラメーターを指定する場合、コマンドレットは -BackupTarget パラメーター内で指定した記憶域の場所からバックアップ情報を返します。 この記憶域の場所は、このパラメーターに指定したサーバー上となります。

必須 false
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupTarget
    • Get-WBBackupSet コマンドレットは、WBBackupTarget オブジェクトへカタログから読み込まれたコンピューターを決定し、バックアップ情報を取得します。

■出力

  • WBBackupSet[]
    • Get-WBBackupSet コマンドレットは、ローカル システム カタログ、もしくはバックアップ設定が格納されたコンピューター上のカタログから WBBackupSet オブジェクトの一覧を表示します。WBBackupTarget パラメーターはこのコンピューターの場所を指定します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-WBBackupSet -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-WBBackupSet -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: システム カタログからサーバー バックアップを取得する。

$Backups = Get-WBBackupSet

このコマンドは、変数 $Backups にシステム カタログおよびストアからサーバー バックアップを取得します。

例 2: 指定した場所からサーバー バックアップを取得する。

$BackupLocation = New-WBBackupTarget -VolumePath D:
$Backups = Get-WBBackupSet -BackupTarget $BackupLocation

この例は、バックアップに対する指定した記憶域の場所にあるカタログに問い合わせます。

最初のコマンドは、ドライブ レター D: を持つボリューム上のバックアップ ターゲットを作成し、および変数 $BackupLocation にこの場所に格納します。

2 番目のコマンドは、$BackupLocation 内のバックアップ ターゲットからバックアップ データを取得し、変数 $Backups にこのデータを格納します。

■関連するトピック

  • Get-WBBackupTarget
  • New-WBBackupTarget
  • Remove-WBBackupSet

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク