Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Get-WBJob) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WBJob」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Get-WBJob

■概要

現在のバックアップ操作を取得します。

■構文

Get-WBJob [[-Previous] <UInt32>] [<CommonParameters>]

■説明

Get-WBJob コマンドレットは現在のバックアップ操作 (実行中の場合)、以前のバックアップ、もしくは回復操作を取得します。WBJob オブジェクトは、バックアップ、もしくは回復操作が含まれます。

バックアップを開始するには、Start-WBBackup コマンドレットを使用します。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-Previous <UInt32>
サーバーがイベント マネージャーに問い合わせした以前のバックアップ操作の番号を指定します。

必須 false
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • Previous
    • -Previous パラメーターを使用する場合、Get-WBJob コマンドレットは、以前実行したバックアップおよび回復に対する WBJob オブジェクトを問い合わせます。このパラメーターを使用しない場合、コマンドレットは現在実行しているバックアップ、もしくは回復操作を含む WBJob オブジェクトを返します。

■出力

  • WBJob[] 
    • Get-WBJob コマンドレットは、現在実行している、もしくは過去に実行したバックアップ、もしくは回復操作を含む WBJob オブジェクトを表示します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-WBJob -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-WBJob -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: バックアップ ステータスを取得する。

$Policy = Get-WBPolicy
Start-WBBackup -Policy $Policy -Async
$Job = Get-WBJob

この例では、現在実行しているバックアップ、もしくは回復操作のステータスを取得します。

最初のコマンドは、現在のコンピューターに対するバックアップ ポリシーを含むバックアップ ポリシー オブジェクトを取得し、変数 $Policy にこのポリシーを格納します。

2 番目のコマンドは、変数 $Policy のポリシーを用いてバックアップ ジョブを開始します。コマンドが -Async パラメーターを使用するため、バックアップ ジョブはそれが実行された旨のステータス メッセージは表示されません。

3 番目のコマンドは、バックアップに関するステータス情報を取得し、変数 $Job に割り当てます。以前のコマンドで -Async パラメーターを指定しているため、この情報を取得するために Get-WBJob コマンドレットを使用します。

例 2: 以前のバックアップ、もしくは回復ジョブのステータスを取得する。

$Jobs = Get-WBJob -Previous 10

このコマンドは、イベント マネージャーのバックアップ イベントから過去 10 個のバックアップ、もしくは回復のステータスを取得し、変数 $Jobs にステータスを格納します。

■関連するトピック

  • Start-WBBackup
  • Stop-WBJob

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク