Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Get-WBVolume) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WBVolume」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Get-WBVolume

■概要

ボリュームのリストを取得します。

■構文

Get-WBVolume [-Disk] <WBDisk> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Get-WBVolume [-AllVolumes] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Get-WBVolume [-CriticalVolumes] [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Get-WBVolume [-Policy] <WBPolicy> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

Get-WBVolume [-VolumePath] <String[]> [-Confirm] [-WhatIf] [<CommonParameters>]

■説明

Get-WBVolume コマンドレットは、ボリュームの一覧を収録します。WBPolicy オブジェクト、すべての重要なボリューム、すべてのボリューム、もしくは WBDisk オブジェクト内のボリュームが含まれるボリュームを表示するためにこのコマンドレットを使用します。ボリュームのドライブ レターを用いることによってボリュームの WBVolume オブジェクトを取得する場合にもこのコマンドレットを使用します。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-AllVolumes [<SwitchParameter>]
バックアップ ポリシーに含まれるすべてのボリュームを一覧化するかどうかを示します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-CriticalVolumes [<SwitchParameter>]
オペレーティング システム ファイルおよびコンポーネントが含まれるボリュームのような重要なボリュームのみ一覧化するかどうかを示します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Disk <WBDisk>
特定のディスクに関連付けられたボリュームのみを一覧化するかどうかを示します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByValue, ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-Policy <WBPolicy>
表示するバックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトを指定します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByValue, ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumePath <String[]>
バックアップを格納したボリュームのボリューム ドライブ レターを指定します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に確認のプロンプトを表示します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WhatIf [<SwitchParameter>]
コマンドを実行した際に何が起きるかを出力します。コマンドレットは実行されません。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBPolicy,WBDisk,string 
    • Get-WBVolume コマンドレットは、WBPolicy オブジェクト、および WBDisk オブジェクトに問い合わせ、バックアップが格納されたボリュームへのパスを指定した文字列を参照します。

      入力パラメーターにしたがい、バックアップに対して指定したボリュームのリストに対する WBPolicy オブジェクトに問い合わせるために Get-WBVolume コマンドレットを使用することができ、特定のディスクに存在するボリュームの一覧に対する WBDisk オブジェクトに問い合わせる、もしくは指定した VolumePath パラメーターの文字列のボリュームの WBVolume オブジェクトを取得します。

      加えて、システム上のすべての重要なボリューム、およびシステム上のすべてのボリュームのそれぞれの一覧を WBVolume で 取得するために、パラメーター -CriticalVolumes および -AllVolumes を用いて Get-WBVolume コマンドレットを使用することができます。

■出力

  • WBVolume []
    • Get-WBVolume コマンドレットは、WBPolicy オブジェクト内のボリュームの配列を表示します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Add-WBBareMetalRecovery -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Add-WBBareMetalRecovery -full」と入力してください。

バックアップするボリュームとして指定するために Add-WBVolume コマンドレットを使用、もしくは バックアップ記憶域の場所として指定するために New-WBBackupTarget コマンドレットを使用すること で Get-WBVolume から WBPolicy オブジェクトに取得するボリュームを追加することが可能です。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ディスク上のボリュームの一覧を取得する。

$Disks = Get-WBDisk
Get-WBVolume -Disk $Disks[0]

この例では、ディスク上に存在するすべてのボリュームを取得します。

最初のコマンドは、変数 $DisksGet-WBDisk コマンドレットの出力を格納します。コマンドは、システム上のすべてのディスクのリストを取得します。

2 番目のコマンドは、最初のディスク上のボリュームの一覧を取得するために Get-WBVolume コマンドレットを使用します。

例 2: バックアップ ポリシーのすべてのボリュームの一覧を取得する。

$Policy = Get-WBPolicy
Get-WBVolume -Policy $Policy

この例では、WBPolicy オブジェクトにバックアップを追加したすべてのボリュームの一覧を取得します。

最初のコマンドは、変数 $PolicyGet-WBPolicy コマンドレットの結果を格納します。

2 番目のコマンドは、変数 $Policy からボリュームを取得します。

例 3: 指定したドライブ レターのボリュームを取得する。

Get-WBVolume -VolumePath E:

このコマンドは、ドライブ レター E: を使用しているボリュームに対する WBVolume オブジェクトを取得します。

例 4: コンピューター上のすべてのボリュームを取得する。

Get-WBVolume -AllVolumes

このコマンドは、コンピューター上のすべての存在するボリュームの WBVolume オブジェクトの一覧を取得します。

例 5: コンピューター上のすべての重要なボリュームを取得する。

Get-WBVolume -CriticalVolumes

このコマンドは、コンピューター上に存在するすべての重要なボリュームの一覧を取得します。重要なボリュームは、オペレーティング システム コンポーネントおよびファイルが含まれるボリュームです。

■関連するトピック

  • Add-WBVolume
  • Get-WBPolicy
  • Remove-WBVolume

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク