Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (New-WBBackupTarget) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-WBBackupTarget」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

New-WBBackupTarget

■概要

バックアップ ターゲット オブジェクトを作成します。

■構文

New-WBBackupTarget [-NetworkPath] <String> [[-Credential] <PSCredential>] [[-NonInheritAcl]] [<CommonParameters>]

New-WBBackupTarget [-Disk] <WBDisk> [[-Label] <String>] [[-PreserveExistingBackups] <Boolean>] [<CommonParameters>]

New-WBBackupTarget [-RemovableDrive] <String> [<CommonParameters>]

New-WBBackupTarget [-Volume] <WBVolume> [<CommonParameters>]

New-WBBackupTarget [-VolumePath] <String> [<CommonParameters>]

■説明

New-WBBackupTarget コマンドは、Windows Server バックアップに対してバックアップ ターゲット オブジェクトを作成します。バックアップ ターゲットオブジェクトは、バックアップが格納されたサーバーの場所を定義します。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-Credential <PSCredential>
サーバーが格納するバックアップの場所に対するパーミッションのアクセスを持つユーザー名、およびユーザー アカウントに対しるパスワードが含まれる PSCredential オブジェクトを指定します。

必須false
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Disk <WBDisk>
サーバーが格納するバックアップのディスクが含まれる WBDisk オブジェクトを指定します。

バックアップに対する記憶域の場所がディスクの場合、このパラメーターを使用します。どのディスクが利用可能かどうかを確認するために Get-WBDisk コマンドレットを使用します、そして使用するディスクを指定するためにこのパラメーターを使用します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Label <String>
バックアップ記憶域に対するラベルを指定します。

必須false
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-NetworkPath <String>
サーバーが格納するバックアップのリモート共有フォルダーへのパスを指定します。

記憶域の場所が (ネットワーク上の) リモート共有フォルダーである場合、このパラメーターを使用します。1 度限りのバックアップ以外で、この記憶域の場所の型に対して -NonInheritAcl パラメーターを使用することが可能です。バックアップにアクセスすることができることを指定するために、-Credential パラメーターを使用することも可能です。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-NonInheritAcl [<SwitchParameter>]
サーバーが \ServerNameShareNameWindowsImageBackupComputerBackedUpBackupFolder へパラメーター -Credential に指定するために、証明書に対するアクセス制御リスト (ACL) 許可を適用することを示します。後でバックアップにアクセスするために、これらの証明書を使用する必要がある、もしくは共有フォルダーを持つコンピューター上の Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

このパラメーターは、スケジュールされたバックアップではなく、1 度限りのバックアップのみに適用されます。

バックアップに対する権限を管理するためにこのパラメーターの使用を推奨します。このパラメーターを使用しない場合、Windows Server Backup はリモート共有フォルダーがバックアップに誰でもアクセスできるように、リモート共有フォルダーから ComputerBackedUp フォルダーへ ACL 権限を適用します。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PreserveExistingBackups <Boolean>
新しいバックアップを実行するたびに、サーバーが以前のバックアップのコピーを保存するかどうかを示します。

リモート共有フォルダーにバックアップを保存する場合に、再度同じコンピューターのバックアップを同じフォルダーにする場合、サーバーはそのバックアップに上書きします。加えて、バックアップ操作が失敗し、サーバーが古いフォルダーに上書きする場合、新しいバックアップは使用できません。この状況を回避回避するために、このパラメーターを指定し、バックアップを構成するリモート共有フォルダー内にサブフォルダーを作成します。これを実行する場合、サブフォルダーは、親フォルダーの 2 倍の空き領域が必要です。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RemovableDrive <String>
バックアップ ターゲットとして使用する DVD、もしくは リムーバブル ドライブのドライブ レターを指定します。このメディアの型へボリュームのみバックアップすることができ、ボリュームの回復は、回復の型のみ利用可能です。バックアップ、もしくは回復するために、システム状態、ファイル、Hyper-V 仮想サーバー、もしくはアプリケーションはこのバックアップの場所を使用することはできません。

サーバーはドライブがディスクを含む場合のみ、有効なターゲットとして DVD ドライブを検出します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Volume <WBVolume>
バックアップが格納されるボリュームが含まれる WBVolume オブジェクトを指定します。WBVolume オブジェクトを取得するために、Get-WBVolume コマンドレットを使用します。

記憶域の場所がボリュームの場合、このパラメーターを使用します。Get-WBVolume -Allvolumes コマンドレットを使用することで、利用可能なすべてのボリュームのリストを取得することが可能です。そのとき、使用するために記憶域の場所に対して WBVolume オブジェクトを選択します。

このパラメーターが、バックアップ記憶域の場所として、マウントされない 汎用命名規則 (UNC) パス ボリューム を指定することができる唯一の方法を提供します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VolumePath <String>
バックアップに格納されたボリュームのドライブ レターを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • NetworkPath string, Disk WBDisk, Volume WBVolume, VolumePath string
    • New-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップに格納されるサーバーを定義するために、NetworkPathDiskVolume、および VolumePath オブジェクトを使用します。記憶域の場所にアクセスすることができるかを決定するために -Credential パラメーターを指定することが可能です。

■出力

  • WBBackupTarget
    • New-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクト内のバックアップ記憶域の場所を構成するために使用することができる WBBackupTarget オブジェクトを作成します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-WBBackupTarget -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-WBBackupTarget -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: バックアップ ターゲットとしてディスクを使用する。

$Disks = Get-WBDisk
$DiskBackupLocation = New-WBBackupTarget -Disk $Disks[1] -Label &quot;Backup Disk 1&quot;

この例では、バックアップ ターゲットとして "Backup Disk 1" とラベルされたディスクを使用する WBBackupTarget オブジェクトを作成します。

最初のコマンドは、バックアップ記憶域 に対して利用可能なディスクを取得し、変数 $Disks に格納します。

2 番目のコマンドは、バックアップ ターゲットとして $Disks の配列に格納された最初のディスクを設定し、ディスクへラベル "Backup Disk 1" を割り当てます。サーバーが Set-WBPolicy コマンドレットを呼び出し後のみ、ディスクはバックアップに格納することが可能であり、バックアップ ターゲットに追加するために WBPolicy オブジェクトを指定します。このバックアップ ポリシーへ複数の記憶域ディスクを追加することが可能です。

例 2: バックアップ ターゲットとしてリモート共有フォルダーを使用する。

$Cred = Get-Credential
$NetworkBackupLocation = New-WBBackupTarget -NetworkPath \Server01BackupStorageLocation -Credential $Cred

この例では、バックアップ記憶域としてリモート共有フォルダー名 \Server01BackupStorageLocation を使用する WBBackupTarget オブジェクトを作成し、変数 $Cred の証明書への認可を格納します。サーバーは共有フォルダーにアクセスするためにこれらの証明書が必要です。リモート共有フォルダーを使用する場合、バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトへ 1 つのバックアップの場所を追加します。

最初のコマンドは、証明書を取得し、変数 $Cred に格納します。

2 番目のコマンドは、バックアップ ターゲットとしてリモート共有フォルダー名 \Server01BackupStorageLocation 指定し、操作に対する証明書として $Cred から証明します。

例 3: ドライブ レターを用いることでバックアップ ターゲットとしてボリュームを指定する。

$volumeBackupLocation = New-WBBackupTarget -VolumePath D:

このコマンドは、バックアップ記憶域の場所としてドライブ レター D: のボリュームを使用する WBBackupTarget オブジェクトを作成します。バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトへストレージに対する複数のボリュームを追加することができます。

例 4: 配列要素を用いることでバックアップ ターゲットとしてボリュームを指定する。

$VolumeList = Get-WBVolume -AllVolumes
$VolumeBackupLocation = New-WBBackupTarget -Volume $VolumeList[3]

この例では、バックアップ記憶域の場所として配列要素に現れる名前のボリュームを使用する WBBackupTarget オブジェクトを作成します。バックアップ ポリシーが含まれる WBBackupTarget オブジェクトへ記憶域に対する複数のボリュームを追加することが可能です。

最初のコマンドは、変数 $VolumeList の配列にすべてのボリューム名を格納します。

2 番目のコマンドは、$VolumeList の配列の 3 番目の要素に格納されたボリュームを使用することでバックアップ ターゲットを作成し、変数 $VolumeBackupLocationWBBackupTarget オブジェクトに格納します。

例 5: リムーバブルのドライブ レターを用いることでバックアップ ターゲットとしてボリュームを指定する。

$DvdBackupTarget = New-WBBackupTarget -RemovableDrive G:

このコマンドは、バックアップ記憶域の場所として G: DVD ドライブを使用する WBBackupTarget オブジェクトを作成し、変数 $DvdBackupTargetWBBackupTarget オブジェクトを格納します。

バックアップ ポリシーが含まれる WBPolicy オブジェクトにバックアップ ポリシーとして 1 つの DVD ターゲットを追加することができ、ターゲットの型として DVD を使用する際に指定したボリュームのバックアップおよび回復することができます。

■関連するトピック

  • Add-WBBackupTarget
  • Get-WBDisk
  • Get-WBVolume

[参考]