Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Remove-WBBackupTarget) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Remove-WBBackupTarget」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Remove-WBBackupTarget

■概要

バックアップ ポリシーからバックアップ ターゲットを削除します。

■構文

Remove-WBBackupTarget [-Policy] <WBPolicy> [-Target] <WBBackupTarget> [<CommonParameters>]

■説明

Remove-WBBackupTarget コマンドレットは、バックアップ ポリシーからバックアップ記憶域の場所を削除します。WBBackupTarget オブジェクトは、バックアップ記憶域の場所を定義します。WBPolicy オブジェクトはバックアップ ポリシーを定義します。

WBPolicy オブジェクトへバックアップ ターゲットを追加する前に、WBPolicy オブジェクトを編集モードにする必要があります。スケジュールされたバックアップ ポリシーとして設定されたポリシーに対して、WBPolicy オブジェクトを編集モードとするには、-Editable パラメーターとともに Get-WBPolicy コマンドレットを使用します。New-WBPolicy コマンドレットは、すでに編集モードにある新しい WBPolicy オブジェクトを作成します。

バックアップに対する記憶域の場所としてディスクを指定する場合、サーバーは使用する前にディスク上に存在するすべてのデータを完全に削除します。

ポリシーに 1 度に 1 つの記憶域の型のみを追加することが可能です。記憶域の場所として共有フォルダーを指定する場合、ある時点の記憶域の場所として 1 つの共有フォルダーを指定することができるので、多くの場所を追加することはできません。それぞれの場所の対して Add-WBBackupTarget コマンドレットを呼び出すことにより、1 度に複数のディスク、もしくはボリュームを指定することが可能です。

このコマンドレットを使用するには、Administrators グループ、もしくは Backup Operators グループのメンバーである必要があります。

■パラメーター

-Policy <WBPolicy>
表示するバックアップ ポリシーを含む WBPolicy オブジェクトを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Target <WBBackupTarget>
WBPolicy
オブジェクトから削除するバックアップ記憶域の場所を指定したバックアップ ターゲット オブジェクトを指定します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupTarget, WBPolicy
    • The Remove-WBBackupTarget cmdlet removes a WBBackupTarget object from a WBPolicy object that contains the backup policy.

■出力

  • WBBackupTarget[]
    • The Remove-WBBackupTarget cmdlet displays a list of WBBackupTarget objects left in the policy.

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Remove-WBBackupTarget -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Remove-WBBackupTarget -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: バックアップ ポリシーからバックアップ ターゲットを削除します。

$Policy = Get-WBPolicy
$BackupLocations = Get-WBBackupTarget -Policy $Policy
Remove-WBBackupTarget -Policy $Policy -Target $BackupLocations[0]

この例では、WBPolicy オブジェクトから WBBackupTarget オブジェクトを削除し、ポリシーに残されたバックアップの場所の一覧を表示します。

最初のコマンドは、現在のバックアップ ポリシーを取得し、変数 $Policy に格納します。

2 番目のコマンドは、バックアップ ターゲットの場所を取得し、変数 $BackupLocations を格納します。また、変数 $Policy のバックアップ ポリシーを格納します。

3 番目のコマンドは、変数 $Policy に格納されたポリシーから $BackupLocations 配列の最初の要素にあるバックアップ ターゲットを削除します。

■関連するトピック

  • Add-WBBackupTarget
  • Get-WBBackupTarget
  • Get-WBPolicy
  • New-WBBackupTarget

[参考]