Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Resume-WBVolumeRecovery) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Resume-WBVolumeRecovery」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Resume-WBVolumeRecovery

■概要

リムーバブル デバイスおよび特定のメディアからボリュームの回復操作を再開します。

■構文

Resume-WBVolumeRecovery [<CommonParameters>]

■説明

Resume-WBVolumeRecovery コマンドレットは、リムーバブル デバイスおよび指定したメディアから実行される回復操作を再開します。要求されたメディアが挿入されていない場合、コマンドレットは要求されたメディアの説明とともにエラーを返します。そうでない場合、回復操作の再開の確認を返します。

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし
    • なし

■出力

  • System.String, System.Exception
    • 要求されたメディアが挿入されていない場合、コマンドレットは要求されたメディアの説明とともにエラーを返します。そうでない場合、回復操作は再開し、コマンドレットは確認のメッセージを返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Resume-WBVolumeRecovery -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Resume-WBVolumeRecovery -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ボリューム回復操作を再開する。

Resume-WBVolumeRecovery

このコマンドは、ボリューム回復操作を再開します。

■関連するトピック

  • Start-WBVolumeRecovery

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク