Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Set-WBPerformanceConfiguration) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Set-WBPerformanceConfiguration」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Set-WBPerformanceConfiguration

■概要

現在のボリューム バックアップ パフォーマンス設定を設定します。

■構文

Set-WBPerformanceConfiguration [-OverallPerformanceSetting] [-PerformanceSetting] <WBPerformanceConfiguration> [<CommonParameters>]

Set-WBPerformanceConfiguration [-Volume] <WBVolume> [-PerformanceSetting] <WBPerformanceConfiguration> [<CommonParameters>]

■説明

Set-WBPerformanceSetting コマンドレットは、現在のボリューム バックアップのパフォーマンス設定に設定します。この設定は、ボリューム バックアップのみ適用されます。これらの設定は、ファイル、フォルダ、システム状態、もしくはアプリケーションには適用されません。この設定は、バックアップ内のすべてのボリューム、もしくは指定したボリューム対してグローバルに適用します。

■パラメーター

-OverallPerformanceSetting [<SwitchParameter>]
存在する場合、変更はグローバル パフォーマンス設定に影響を与えることを指定します。存在しない場合、ぼりゅ0無のパラメータを指定する必要があります。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Policy <WBPolicy>
有効な設定は以下のとおり:

  • AlwaysFull:  バックアップされるボリュームのサイズと、バックアップを作成するための時間は比例します。これは、すべてのボリュームに対してグローバルのレベル、もしくはいくつかのボリュームに対して指定、設定することが可能です。
  • AlwaysIncremental:  最後と現在のバックアップ間の変更を追跡することによって、バックアップ速度が向上します。このオプションは、バックアップに含まれたボリューム上で還元ディスク スループットが発生する可能性があり、ディスクを集中的に運用しているサーバでは推奨されません。この設定はバックアップ内のすべてのボリューム、もしくは指定したボリュームに対してグローバルに適用します。
必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Volume <WBVolume>
現在のパフォーマンス設定に対するオブジェクトを指定します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • SwitchParameter, WBVolume
    • グローバル設定、もしくはボリュームに対するパフォーマンス設定のどちらかを示します。

■出力

  • なし
    • なし

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Set-WBPerformanceConfiguration -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Set-WBPerformanceConfiguration -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: グローバル パフォーマンス設定を設定する。

Set-WBPerformanceConfiguration -OverallPerformanceSetting AlwaysIncremental

このコマンドは、ボリューム バックアップに対して増分バックアップとしてグローバル パフォーマンス設定に設定します。

例 2: 指定したボリュームのパフォーマンス設定を設定する。

$Backup = Get-WBBackupSet
Set-WBPerformanceConfiguration -Volume $Backup.Volume[1] AlwaysFull

この例では、指定したボリュームに対してパフォーマンス設定を設定します。

最初のコマンドは、変数 $BackupGet-WBBackupSet コマンドレットの結果を格納します。

2 番目のコマンドは、$Backup の 2 番目のボリューム上に AlwaysFull としてパフォーマンス設定を設定します。

■関連するトピック

  • Get-WBPerformanceConfiguratio

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク