Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Start-WBApplicationRecovery) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Start-WBApplicationRecovery」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Start-WBApplicationRecovery

■概要

アプリケーションの回復操作を開始します。

■構文

Start-WBApplicationRecovery [-BackupSet] <WBBackupSet> [-ApplicationInBackup] <WBApplication> [[-RecoveryTarget] <String>] [[-NoRollForward]] [[-Async]] [[-Force]] [<CommonParameters>]

■説明

Start-WBApplicationRecovery コマンドレットは、アプリケーションの回復操作を開始します。アプリケーション回復を実行するには、アプリケーションおよび回復するアプリケーションを回復するためのバックアップ設定を指定する必要があります。回復するアプリケーションは、指定したバックアップ設定のアプリケーション配列に存在する必要があります。回復ターゲットを指定しない場合、操作はアプリケーションが存在した元の場所にアプリケーションを回復します。

■パラメーター

-ApplicationInBackup <WBApplication>
回復するアプリケーションが含まれるアプリケーション オブジェクトを指定します。アプリケーションは、バックアップ設定内のアプリケーション配列に存在する必要があります。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Async [<SwitchParameter>]
Windows PowerShell は、バックアップ開始後にすぐにコンソールへ状態のメッセージを表示せずに戻ることを示します。

必須false
位置5
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-BackupSet <WBBackupSet>
アプリケーションを回復するためのバックアップ設定が含まれるバックアップ設定オブジェクトを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
確認のプロンプトを表示せずに、アプリケーションの回復操作を開始します。既定では、実行前に確認のプロンプトをコマンドレット上に表示します。

必須false
位置6
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-NoRollForward [<SwitchParameter>]
バックアップからアプリケーションの最新バージョンを選択した場合、以前の時刻のポイントからアプリケーションを回復可能かどうかを示します。最新のバージョン以外のアプリケーションのバージョンに対し、既定では操作として point-in-time 回復を使用します。

必須false
位置4
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecoveryTarget <String>
回復の操作でアプリケーションを回復するパスを指定します。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupSet, WBApplication

■出力

  • System.String
    • -Async パラメーターが指定されていない場合、回復操作は回復が完了するまで周期的な間隔で状態メッセージを表示します。回復操作が実行中である間、操作の状態を取得するために Get-WBJob コマンドレットを使用することが可能です。操作が完了した後、完了した回復の状態を取得するため、Get-WBJob -Previous 1 コマンドを使用することが可能です。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Start-WBApplicationRecovery -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Start-WBApplicationRecovery -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: アプリケーションの回復操作を開始する。

$Backup = Get-WBBackupSet
Start-WBApplicationRecovery -BackupSet $Backup -ApplicationInBackup $Backup.Application[0] -RecoveryTarget F:

例 1: 出力結果

Warning
Start recovery of application Registry to F: ?
[Y] Yes  [N] No  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): Y
Recovering component Registry :
Recovering component Registry : Preparing to recover.
Completed.

この例では、ファイル パスにアプリケーションを回復します。

最初のコマンドは、バックアップ カタログからバックアップ オブジェクトを取得し、変数 $Backup に格納します。

2 番目のコマンドは、バックアップ設定として指定した変数 $Backup、およびバックアップ設定内のアプリケーション配列の最初の要素を指定することによって回復を開始します。最初のアプリケーション配列の要素は、レジストリです。

■関連するトピック

  • Get-WBBackupSet

[参考]