Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Start-WBSystemStateRecovery) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Start-WBSystemStateRecovery」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Start-WBSystemStateRecovery

■概要

システム状態の回復操作を開始します。

■構文

Start-WBSystemStateRecovery [-BackupSet] <WBBackupSet> [[-TargetPath] <String>] [[-AuthoritativeSysvolRecovery]] [[-RestartComputer]] [[-Async]] [[-Force]] [<CommonParameters>]

Start-WBSystemStateRecovery [-BackupSet] <WBBackupSet> [-ADIFM] [-TargetPath] <String> [[-Async]] [[-Force]] [<CommonParameters>]

■説明

Start-WBSystemStateRecovery コマンドレットは、システム状態の回復操作を開始します。システム状態の回復操作は、実際のマシンで実行されている場合は、操作の完了を再起動する必要があります。回復が Active Directory (AD) のマシン上で実行されている場合、このコマンドレットは、ディレクトリ サービス復元モード (DSRM) で実行する必要があります。

■パラメーター

-ADIFM [<SwitchParameter>]
Active Directory ドメイン サービスのために必要なすべての関連データを回復するためにメディア (IFM) 操作からのインストールを示します。メディアからの Active Directory インストールが (ADIFM) は、Active Directory データベース、レジストリ、 SYSVOL 状態のコピーを作成し、RecoveryTarget で指定された場所でこの情報を保存します。RecoveryTarget が指定されるときにのみ、このパラメーターを使用します。バックアップ設定が Active Directory のシステム状態のバックアップが含まれている場合にのみ、このパラメーターは有効です。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Async [<SwitchParameter>]

Windows PowerShell は、バックアップが開始された直後にプロンプトに戻り、状態メッセージが表示されないことを示します。

必須false
位置5
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AuthoritativeSysvolRecovery [<SwitchParameter>]
システム ボリューム共有ディレクトリー、SYSVOL の権限ある回復を示します。このパラメーターは、Active Directory システム状態バックアップが含まれるバックアップ設定のみで有効です。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-BackupSet <WBBackupSet>
システム状態回復を行う必要があるため、バックアップ設定を使用します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]

確認のプロンプトを表示せずに、システム状態の回復を開始します。既定では、実行前に確認のプロンプトをコマンドレット上に表示します。

必須false
位置6
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RestartComputer [<SwitchParameter>]
システム状態の回復操作の完了時にシステムの再起動を示します。元の場所への回復のみに、このパラメーターを使用します。回復操作後のステップを実行する必要がある場合は、このパラメーターを使用しないでください。

必須false
位置4
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TargetPath <String>
システム状態に属しているファイルは、バックアップ設定から回復することができる別の場所を指定します。このパラメーターを指定しない場合、システム状態の回復は、実際のマシンに対し実行され、操作の最後に再起動が必要になります。 ADIFM の回復は、このパラメーターが必要です。

必須false
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupSet
    • すべてのシステムの重要なボリュームのボリュームのバックアップが含まれている、もしくはシステム状態回復操作のためのシステム状態のバックアップを含むバックアップ設定を指定します。

■出力

  • System.String
    • -Async パラメータを指定しない場合、回復操作が完了するまで、回復操作は定期的に状態を出力します。現在の回復操作の状態を取得するために Get-WBJob コマンドレットを呼び出すことも可能です。回復の完了後、最後の回復状態を取得するために -Previous パラメーターとともに Get-WBJob コマンドレット、および引数 1 を指定して実行します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Start-WBSystemStateRecovery -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Start-WBSystemStateRecovery -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: システム状態の回復操作を開始する。

$Backup = Get-WBBackupSet
Start-WBSystemStateRecovery -BackupSet $Backup -Force -AutoReboot -Async

この例では、システム状態の回復操作を開始し、回復操作の終わりにマシンを再起動します。

最初のコマンドは、変数 $BackupGet-WBBackupSetin コマンドレットの結果を格納します。

2 番目のコマンドは、変数 $Backup のバックアップ設定からシステム状態回復を開始します。コマンドは、プロンプトなしで回復を実行するために -Force パラメーター、回復が終了したときにマシンを再起動するために、-AutoReboot パラメーター、そして出力を抑制するために -Async パラメーターを使用します。

■関連するトピック

 

[参考]