SC 2012 R2 – DPM の DPM リモート管理がインストールできないかどうかを確認

スポンサーリンク

DPM からディスクの追加、エージェントのインストール、および保護対象サーバーを保護 / 回復といった管理作業を実施するために DPM 管理者コンソールが提供されています。

DPM 管理者コンソールは、通常 DPM をインストールしたサーバーに含まれていますが、DPM リモート管理を別のコンピューターにインストールすることで DPM をインストールしたサーバーに対して DPM の管理をリモートで管理することが可能です。

しかし、Technet の情報 (2015/01/04 に確認) では、「The DPM Administrator console can’t be installed on a remote computer.」と記載されており、リモートで管理する場合は DPM 中央コンソール、DPM 管理シェル、もしくはリモート デスクトップ接続で行う必要があります。

とはいえ、DPM のセットアップには DPM リモート管理が含まれているため、本当にインストールできないかを確認してみました。

なお、DPM サーバーの OS は Windows Server 2012 R2 Datacenter、DPM データベースはローカル インスタンス (SQL Server 2012 SP1 Enterprise) を使用、DPM リモート管理をインストールするコンピューターの OS は Windows Server 2012 R2 Datacenter を使用しています。

[DPM リモート管理のインストール手順]

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. System Center 2012 R2 – DPM のインストール メディアをドライブに挿入し、「Setup.exe」を実行します。
  3. [DPM リモート管理]をクリックします。
  4. 「ライセンス条項および条件に同意する」のチェックボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。
  5. 必要なセットアップコンポーネントがインストールされます。
  6. [次へ] ボタンをクリックします。
  7. [次へ] ボタンをクリックします。

    なおドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインしていない場合、以下の画面が表示され、エラーとなります。

  8. [次へ] ボタンをクリックします。
  9. Windows Update を使用するかどうかの選択を実施 (ここでは、「Microsoft Update を使用しない」を選択しています) し、[次へ] ボタンをクリックします。
  10. インストールが開始します。
  11. [閉じる] ボタンをクリックし、[終了] をクリック、DPM リモート管理のインストールを終了します。

[別のコンピューターから DPM 管理者コンソールの起動手順]

  1. デスクトップ上に作成された「Microsoft System Center Data Protection Manager」をダブルクリックします。
  2. [DPM サーバー名] に接続する DPM サーバーの FQDN を入力し、[OK] ボタンをクリックします。
  3. DPM 管理者コンソールが起動します。

[結論]

他のコンピューターに DPM リモート管理から DPM 管理者コンソールをインストール、起動して DPM サーバーに接続することは可能でした。

しかし、Technet に記載されている以上、リモートで管理する場合は DPM 中央コンソール、DPM 管理シェル、もしくはリモート デスクトップ接続で行う必要があると考えます。

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク