Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレット (Enable-DedupVolume) について

スポンサーリンク

既定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能としてデータ重複除去というデータの重複を検出し、そのデータの正確さや整合性を損なうことなく削除する機能や PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

データ重複除去関連の PowerShell コマンドレットのヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、データ重複除去 に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Enable-DedupVolume」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Enable-DedupVolume

■概要

1 つ以上のボリューム上のデータ重複除去を有効にします。

■構文

Enable-DedupVolume [-Volume] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]>] [-DataAccess] [-ThrottleLimit <Int32>] [-UsageType <UsageType>] [<CommonParameters>]

■説明

Enable-DedupVolume コマンドレットは、1 つ以上のボリューム上のデータ重複除去を有効にします。データ重複除去設定をカスタマイズするために、Set-DedupVolume コマンドレットを使用することが可能です。データの重複除去は、既定では無効になっています。データ重複除去は、NTFS ファイル システムではない、もしくは 2 GBよりも小さい任意のボリュームといった特定のボリュームはサポートされていません。

■パラメーター

-AsJob [<SwitchParameter>]
バックグラウンド ジョブとしてコマンドレットを実行します。完了するまでに長い時間がかかるコマンドを実行するには、このパラメーターを使用します。コマンドレットは、即座にジョブを表すオブジェクトを返し、コマンドプロンプトに表示します。ジョブが完了する間のセッション上で作業を続けることが可能です。ジョブを管理するために、*-Job コマンドレットを使用します。ジョブの結果を取得するために、 Receive-Job コマンドレットを使用します。Windows PowerShell バックグラウンド ジョブに関する詳細な情報は、about_Jobs を参照してください。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CimSession <CimSession[]>
リモート セッション、もしくはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレット、もしくは Get-CimSession コマンドレットの出力として、コンピューター名、もしくはセッション オブジェクトを入力します。既定では、ローカル コンピューター上の現在のセッションです。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DataAccess [<SwitchParameter>]
ボリューム上の重複除去されたファイルへのデータ アクセスが無効になっていることを示します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ThrottleLimit <Int32>
コマンドレットを実行するために確立できる同時操作の最大数を指定します。このパラメーターが省略、もしくは値 0 が入力された場合、Windows PowerShell は、コンピュータ上で実行されている CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットのための最適なスロットル限界を計算します。スロットル限界は、セッションもしくはコンピューターではなく、現在のコマンドレットのみ適用されます。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UsageType <UsageType>
ボリュームに対するワークロードの予想される型を指定します。コマンドレットは、指定した usage 型に適した値を既定としていくつかの低レベルの設定を行います。既に有効になっているデータ重複除去ボリュームに対してこのパラメータを指定すると、コマンドレットは適切な既定値に設定を変更します。既に有効になっているデータ重複除去持つボリューム上でこのパラメーターを指定せずこのコマンドレットを実行する場合、コマンドレットは usage 型を変更しません。このパラメーターで利用可能な値は以下のとおりです。:

  • HyperV : Hyper-V 記憶域ボリューム。
  • Default : 汎用ボリューム。このパラメーターに対する値を指定しない場合、コマンドレットは、Delfaut を使用します。

HyperV の値を指定すると、データ重複除去を持つコンピューターは Hyper-V を実行している同じコンピューターでは有効にすることができません。2 台のコンピューターは、リモートで通信できる必要があります。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Volume <String[]>
システム ボリュームの配列を指定します。(D: のような) ドライブ レター、もしくは (フォーム「\?Volume{{GUID}}」を用いて) GUID パラメーターとして、1 つ以上のボリューム ID を指定します。カンマで複数のボリュームを区切ります。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • System.String[]

■出力

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#
    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) 以降のパスは、基礎となる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名を提供します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Enable-DedupVolume -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Enable-DedupVolume -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ボリューム上のデータ重複除去を有効にする。

 Enable-DedupVolume -Volume "D:","E:","F:" 

このコマンドは、D:、E:、および F: ボリューム上のデータ重複除去を有効にします。このコマンドは、-UsageType パラメーター値を指定しません。それゆえ、コマンドレットは汎用ファイル サーバー操作に対して既定の動作を使用します。

例 2: Hyper-V 記憶域ボリューム上のデータ重複除去を有効にする。

 Enable-DedupVolume -Volume D: -UsageType HyperV 

このコマンドは、Hyper-V 記憶域を使用した D: ボリューム上のデータ重複除去を有効にします。

例 3: GUID を用いてボリューム上のデータ重複除去を有効にする。

 Enable-DedupVolume -Volume \\?\Volume{26a21bda-a627-11d7-9931-806e6f6e6963}\ 

このコマンドは、GUID「26a21bda-a627-11d7-9931-806e6f6e6963」を持つボリュームに対するデータ重複除去を有効にします。

例 4: 指定したボリュームに対して IO アクティビティを再開する。

 Enable-DedupVolume -Volume X: -DataAccess 

このコマンドは、指定したボリューム上のデータ重複除去に対する IO アクティビティを再開します。事実上、このコマンドは指定したボリュームにアタッチするデータ重複除去ファイル システム ミニフィルタを要因にします。

■関連するトピック

  • Disable-DedupVolume
  • Get-DedupVolume
  • Set-DedupVolume

[参考]