Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレット (Expand-DedupFile) について

スポンサーリンク

既定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能としてデータ重複除去というデータの重複を検出し、そのデータの正確さや整合性を損なうことなく削除する機能や PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

データ重複除去関連の PowerShell コマンドレットのヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、データ重複除去 に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Expand-DedupFile」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレットについて」を参照)。

※このコマンドレットは、Windows Server 2012 R2 のみ利用可能となります (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

■名前

Expand-DedupFile

■概要

元の場所に最適化されたファイルを展開します。

■構文

Expand-DedupFile [-Path] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]>] [-ThrottleLimit <Int32>] [<CommonParameters>]

■説明

Expand-DedupFile コマンドレットは、元の場所に最適化されたファイルを展開します。アプリケーション、もしくは他の要件に互換性の理由によって最適化されたファイルを展開する必要があるかもしれません。

展開するファイルを格納するボリュームに十分な空き領域があることを確認してください。十分なディスク容量がない場合、コマンドレットはファイルを展開しようと試み、操作が終了できない場合に通知されます。最適化されていないファイルを復元しようとすると、コマンドレットはエラーを通知します。

■パラメーター

-AsJob [<SwitchParameter>]
バックグラウンド ジョブとしてコマンドレットを実行します。完了するまでに長い時間がかかるコマンドを実行するには、このパラメーターを使用します。コマンドレットは、即座にジョブを表すオブジェクトを返し、コマンドプロンプトに表示します。ジョブが完了する間のセッション上で作業を続けることが可能です。ジョブを管理するために、*-Job コマンドレットを使用します。ジョブの結果を取得するために、 Receive-Job コマンドレットを使用します。Windows PowerShell バックグラウンド ジョブに関する詳細な情報は、about_Jobs を参照してください。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-CimSession <CimSession[]>
リモート セッション、もしくはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレット、もしくは Get-CimSession コマンドレットの出力として、コンピューター名、もしくはセッション オブジェクトを入力します。既定では、ローカル コンピューター上の現在のセッションです。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Path <String[]>
パスの配列を指定します。コマンドレットは、このパラメーターによって指定したファイルパスへファイルを展開します。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-ThrottleLimit <Int32>
コマンドレットを実行するために確立できる同時操作の最大数を指定します。このパラメーターが省略、もしくは値 0 が入力された場合、Windows PowerShell は、コンピュータ上で実行されている CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットのための最適なスロットル限界を計算します。スロットル限界は、セッションもしくはコンピューターではなく、現在のコマンドレットのみ適用されます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし 

■出力

  • Uint32
    このコマンドレットは、操作の成功もしくは失敗を示す整数を生成します。値が 0 のときは成功を意味します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Expand-DedupFile -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Expand-DedupFile -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ファイルを展開する。

 Expand-DedupFile -Path "D:ShareFile07.doc" 

このコマンドは、元の場所「D:ShareFile07.doc」にファイルを展開します。ファイルが最適化されていない場合、コマンドレットは、問題を報告します。

■関連するトピック

  • Get-DedupVolume

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク