Web PI 5.0 経由で Windows OS に WordPress をインストールする

スポンサーリンク

WordPress は、オープン ソースのブログ ソフトウェアです。クロス プラットフォームに対応しており、Windows OS にもインストールして使用することが可能です。

Windows OS 上に WordPress をインストールするには、事前に PHP や MySQL といったソフトウェアをインストール / 設定する必要がありますが、Web PI (Web Platform Installer) を用いることで簡単にインストールすることが可能です。

ここでは、Web PI 経由で Windows OS に WordPress をインストールする手順について纏めてみました。
※Web PI のバージョンは「5.0」、Windows OS は「Windows Server 2012 R2 Datacenter」を使用、Web PI でインストールされる WordPress のバージョンは「3.9」となります (2015/02/22 時点)。

■手順

  1. 管理者権限のユーザーでログインし、Web ブラウザから「https://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx」にアクセス、[Free Download] をクリックします。

  2. [保存] ボタンをクリックし、wpliauncher.exe をダウンロードします。
    ※既定では、ログインしたユーザーの [ダウンロード] フォルダーに格納されます。

  3. wpliauncher.exe を実行し、WebPI をインストール、起動します。
  4. 右上の検索ボックスに [wordpress] と入力、Enter キーを押下します。

  5. [WordPress 日本語版パッケージ] を選択、[追加] ボタンをクリック後、[インストール] ボタンをクリックします。

  6. MySQL のパスワードを入力し、[続行] ボタンをクリックします。

  7. [同意する] ボタンをクリックします。
  8. インストールが開始します。

  9. ここではデフォルトの状態でインストールするので、[続行] ボタンをクリックします。

  10. 各項目に対して、秘密鍵 (シークレット キー) を入力、[続行] ボタンをクリックします。
    online Key generator を用いて、各項目に対する秘密鍵を生成することでは可能ですが、WebPI ではシングル クォート (‘)、バックスラッシュ (\)、ドル文字 ($) については判別できないため、置換する必要があります。


  11. パスワードをコピーし、[完了] ボタンをクリックします。
    ※コピーしたパスワードについては、WordPress を動作する必要な情報となるため、別途テキスト ファイルなどで保管する必要があります。


  12. 必要な項目に入力し、[WordPress をインストール] ボタンをクリックします。
    ※ここでは、外部に公開したいため、[] のチェック ボックスをオフにしています。

  13. WordPress のインストールが完了するので、[ログイン] ボタンをクリックします。

  14. ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン] ボタンをクリックします。

  15. ログインが成功すると、管理画面が表示されます。

■参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク