Windows OS にインストールした WordPress の設定ファイル編集における注意点

スポンサーリンク

前回の記事では、Web PI 5.0 経由で Windows OS に WordPress をインストールする手順について紹介しましたが、wp-config.php といった設定ファイルを編集することがあるかと思います。

Windows OS には、テキスト エディタとしてメモ帳 (notepad.exe) やワープロソフトとしてワードパッド (wordpad.exe) が標準で搭載されていますが、wp-config.php にも記載されているとおり、編集には使用してはいけないこととなっています。

wordpad.exe については、文字の強調や段落などの情報が付加されるので、設定ファイルの編集には適さないことは認識していましたが、notepad.exe については理由が分からなかったため、確認してみました。

■編集に notepad.exe を使用してはいけない理由

WordPress の設定ファイルの文字コードは UTF-8 形式で保存されていますが、バイト オーダー マーク (BOM) は付与されていません。

notepad.exe を用いて UTF-8 形式で保存すると、BOM を付与する動作を行うようです。これが原因となり、notepad.exe を用いて WordPress の設定ファイルを編集 / 保存してしまうと正常に動作しない恐れがあります。

■対処方法

UTF-8 で保存する際に自動的に BOM を付与しないテキスト エディタ (サクラエディタなど) を使用します。

  • BOM を付与しないテキスト エディタ (例:サクラエディタ) を用いて UTF-8 形式で保存した場合
  • notepad.exe を用いて UTF-8 形式で保存した場合

■参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク