root ユーザーを用いて CentOS 7 へ xrdp を用いた RDP 接続をさせないようにする

スポンサーリンク

xrdp は オープンソースで開発されたサーバー ソフトウェアです。

その点、xrdp を Linux サーバーにインストール / 設定することで、Windows からは RDP 接続 (mstsc.exe) 経由で接続、GUI 操作することが可能となります。

xrdp を用いて Windows OS から CentOS 7 に RDP 接続する」では CentOS 7 に xrdp をインストールする手順を記載しましたが、既定では root ユーザーでログインすることが可能です。 

RDP 接続による root ユーザーでのログインを許可し続ける場合、悪意のあるユーザーによって不正にログイン、システムが乗っ取られてしまう恐れがあります。

そこで、xrdp の設定で RDP 接続する際に root ユーザーでログインさせないよう変更する方法について記載します。 

[root ユーザーでログインさせないよう変更する手順]

  1. 管理者 (root) 権限になれるユーザーでサーバーにログインします。
  2. 端末を起動、端末上に以下のコマンドを入力 / 実行し、管理者権限に昇格します。
     su - 
  3. 端末上に以下のコマンドを入力 / 実行し、xrdp の設定ファイルを開きます。
    cd /etc/xrdp
    vi sesman.ini
    
  4. [Security] セクション内の項目 「AllowRootLogin」 を vi 上から編集、保存します。
     AllowRootLogin=0 

    既定では「AllowRootLogin」の値は「1」(root ユーザーでのログインを許可) となっているので、「0」(root ユーザーでのログインを拒否) としています。  

  5. xdrp のサービスを再起動します。
     systemctl restart xrdp-sesman.service 

[確認方法]

  1. Windows 上から [リモート デスクトップ接続] を起動します。
  2. [コンピューター:] に接続する ホスト名、もしくは IP アドレスについて、「<ホスト名>:<ポート番号>」もしくは「<IPアドレス>:<ポート番号>」と入力し、[接続] ボタンをクリックします。
  3. [はい] ボタンをクリックします。
  4. ユーザー名「root」とパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 接続処理が行われますが、ログインに失敗した旨が表示されます。

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク