xrdp 設定ファイル – xrdp.ini について

スポンサーリンク

xrdp は オープンソースで開発されたサーバー ソフトウェアです。

その点、xrdp を Linux サーバーにインストール / 設定することで、Windows からは RDP 接続 (mstsc.exe) 経由で接続、GUI 操作することが可能となります。

xrdp について設定変更を行う際、xrdp 設定ファイルである xrdp.ini、sesman.ini を編集、サービス (xrdp.service、xrdp-sesman.service) を再起動する必要があります。

設定ファイルの内容について、man コマンドから確認することが可能ですが、内容は英語となっており、日本語による情報はあまり見かけません。

ここでは、xrdp 設定ファイルである xrdp.ini を日本語の情報として纏めてみました。

xrdp.ini(5) – Linux man ページ

名称

xrdp.ini – xrdp(8) の設定ファイル

概要

これは xrdp(8) の設定ファイル – xrdp.ini に対する man ページです。これはセクション数によって構成されており、それぞれ <パラメーター>=<値> と記載された行のリストがある角括弧で囲まれた、1 つのセクション名で構成されています。

xrdp.ini は xrdp(8) に対するいくつかのグローバル構成設定が設定されている。[Globals] セクション、およびサービス xrdp(8) に接続することが可能な情報が含まれる、複数の “connection” セクションが含まれています。

すべてのオプションおよび値 (ファイル名およびパスは除く) は大文字と小文字を区別せず、以下に詳細が記載されています。

Globals セクション

以下のパラメーターは、[Globals] セクション内で使用することが可能です。

  • bitmap_cache=[0|1]
    このオプションで 1true もしくは yes と設定した場合、xrdp(8) 内でビットマップ キャッシュが有効になります。
  • bitmap_compression=[0|1]
    このオプションで 1true もしくは yes と設定した場合、xrdp(8) 内でビットマップ圧縮が有効になります。

Connections セクション

Connections セクションは、角括弧で囲まれたセクション名、および以下のエントリで構成されています。

  • name=<セッション名>
    xrdp(8) ログイン ウィンドウのコンボ ボックスに表示される名前となります。
  • lib=../vnc/libvnc.so
    この接続で使用されるライブラリを設定します。
  • username=<ユーザー名>|ask
    接続の際に認証するために使用されるユーザー名を指定します。ask と設定されている場合、ユーザー名はログイン ウィンドウに入力する必要があります。
  • password=<パスワード>|ask
    接続の際に認証するために使用されるユーザー名を指定します。ask と設定されている場合、パスワードはログイン ウィンドウに入力する必要があります。
  • ip=127.0.0.1
    接続するホストの IP アドレスを指定します。
  • port=<番号>|-1
    接続するためのポート番号を指定します。-1 と設定した場合、指定したライブラリの既定ポートが使用されます。

これは、xrdp.ini の例です。

[Globals]
bitmap_cache=yes
bitmap_compression=yes

[vnc1]
name=sesman
lib=../vnc/libvnc.so
username=ask
password=ask
ip=127.0.0.1
port=-1

ファイルの格納場所

${XRDP_CFG_DIR}/xrdp.ini

追加の参照情報

xrdp(8) sesman(8) sesrun(8) sesman.ini(5)

より詳細な情報については、http://xrdp.sf.net を参照してください。

参考