ウィルスバスター クラウドが導入された Windows 7 上で PowerDVD から Blu-ray を再生するとフリーズが発生することがある

スポンサーリンク

自宅で DVD / Blu-ray を観るための環境として、OS は「Windows 7 Professional」、ウィルス対策に「ウィルスバスター クラウド」、DVD / Blu-ray 再生ソフトウェアには「PowerDVD」を使用しています。

OS については以前 Windows XP Professional を使用しており、サポート終了に伴い Windows 7 にアップグレードしていますが、その頃から Blu-ray を再生した際にフリーズやコマ落ち、音割れが発生するようになりました。

OS 含む各種最新版のパッチ適用、PowerDVD のバージョンを「12」から「14」にアップグレード、グラフィックボードや SSD などハードウェアの交換を実施しましたが回避することはできませんでした。

PC の買替え、Blu-ray プレイヤーの購入を検討していましたが色々調べたところ、ウィルスバスター クラウドのリアルタイムスキャンが有効になっている場合に発生することがあるようです。

対応方法としては、リアルタイムスキャンもしくはウィルスバスター クラウドを一時的に停止することですが、セキュリティ上推奨できません。
※どうしても実施する場合にはネットワーク接続を無効にするなど、可能な限り外部からのアクセスを遮断するようにしてください。

上記以外の方法としては別のアンチウィルスソフト、もしくは DVD / Blu-ray 再生ソフトウェアを使用する必要がありますが、ウィルスバスター クラウド、PowerDVD も定期的に修正、バージョンアップされるのでどこかのタイミングで解決されるかもしれません。

おまけ

今回の現象が発生した環境の情報となります。

参考

Amazon Associates