Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレット (Set-DedupVolume) について

スポンサーリンク

既定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能としてデータ重複除去というデータの重複を検出し、そのデータの正確さや整合性を損なうことなく削除する機能や PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

データ重複除去関連の PowerShell コマンドレットのヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、データ重複除去 に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Disable-DedupVolume」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 におけるデータ重複除去関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Set-DedupVolume

■概要

1 つ以上のボリューム上のデータ重複除去設定を変更します。

■構文

Set-DedupVolume [-Volume] <String[]> [-AsJob] [-ChunkRedundancyThreshold <UInt32>] [-CimSession <CimSession[]>] [-ExcludeFileType <String[]>] [-ExcludeFileTypeDefault <String[]>] [-ExcludeFolder <String[]>] [-MinimumFileAgeDays <UInt32>] [-MinimumFileSize <UInt32>] [-NoCompress <Boolean>] [-NoCompressionFileType <String[]>] [-OptimizeInUseFiles] [-OptimizePartialFiles] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32>] [-Verify <Boolean>] [<CommonParameters>]

Set-DedupVolume [-AsJob] [-ChunkRedundancyThreshold <UInt32>] [-CimSession <CimSession[]>] [-ExcludeFileType <String[]>] [-ExcludeFileTypeDefault <String[]>] [-ExcludeFolder <String[]>] [-MinimumFileAgeDays <UInt32>] [-MinimumFileSize <UInt32>] [-NoCompress <Boolean>] [-NoCompressionFileType <String[]>] [-OptimizeInUseFiles] [-OptimizePartialFiles] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32>] [-Verify <Boolean>] -InputObject <CimInstance[]> [<CommonParameters>]

■説明

Set-DedupVolume コマンドレットは、1 つ以上のボリューム上のデータ重複除去設定を変更します。

■パラメーター

-AsJob [<SwitchParameter>]
バックグラウンド ジョブとしてコマンドレットを実行します。完了するまでに長い時間がかかるコマンドを実行するには、このパラメーターを使用します。コマンドレットは、即座にジョブを表すオブジェクトを返し、コマンドプロンプトに表示します。ジョブが完了する間のセッション上で作業を続けることが可能です。ジョブを完了するために、*-Job コマンドレットを使用します。ジョブの結果を取得するために、 Receive-Job コマンドレットを使用します。Windows PowerShell バックグラウンド ジョブに関する詳細な情報は、about_Jobs を参照してください。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ChunkRedundancyThreshold <UInt32>
サーバーがデータ チャンクの冗長コピーを作成する前に、重複除去エンジンが遭遇する同じデータのチャンク数を指定します。これは、ほぼ参照されるデータのチャンクに冗長性を追加することによって、サーバの信頼性を高めます。

重複除去は破損を検出し、それが利用可能な場合は、重複除去スクラブジョブは、冗長コピーから破損したチャンクを復元します。既定値は 100 です。最小値は 20 に設定することが可能です。ChunkRedundancyThreshold パラメーターに対する低い値は、チャンクのより多くの冗長コピーを作成することで、データの重複除去の有効性を低減し、より多くのメモリとディスク領域を消費します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-CimSession <CimSession[]>
リモート セッション、もしくはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレット、もしくは Get-CimSession コマンドレットの出力として、コンピューター名、もしくはセッション オブジェクトを入力します。既定では、ローカル コンピューター上の現在のセッションです。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExcludeFileType <String[]>
重複除去エンジンはデータの重複除去、および最適化から除外する拡張子タイプの配列を指定します。ピリオド (.) で前置きされないカンマ区切りの値を指定します。この設定を変更すると、既存の値を上書きします。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExcludeFileTypeDefault <String[]>
サーバーが最適化しないことを、文字列としてファイル拡張子タイプの配列を指定します。

Enable-DedupVolume コマンドレットは、UsageType パラメーター値に応じて、この動作を修正します。この動作を修正するために現在のパラメーターを使用する場合、コマンドレットが変更を上書きするために、再度 Enable-DedupVolume コマンドレットを実行します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ExcludeFolder <String[]>
データ重複除去中にスキップされたすべてのファイルのルート フォルダ名の配列を指定します。フル パスは許可されますが、マウント ポイントは構成後に変更することができるマウント ポイントから無視されます。この設定が変更されるとき、既存の値は上書きされます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InputObject <CimInstance[]>
このコマンドレットに入力を指定します。このパラメーターを使用することも可能であり、このコマンドレットに入力ためにパイプすることができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-MinimumFileAgeDays <UInt32>
日数を指定します。重複除去エンジンは、ユーザーが指定した日数内でアクセスしていないファイルを最適化します。最後にアクセスした時刻が利用可能でない場合、重複除去エンジンは最後に修正された時刻を使用します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-MinimumFileSize <UInt32>
最適化されたファイルのバイト単位の最小サイズ閾値を指定します。データ重複除去エンジンは、最小閾値を満たしていないファイルを最適化しません。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-NoCompress <Boolean>
サーバーが重複除去後にデータを圧縮するかどうかを示します。圧縮は、より多くのプロセッサ サイクルを使用しますが、追加領域の節約を提供します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-NoCompressionFileType <String[]>
重複除去エンジンが圧縮から除外するファイル型の配列を指定します。典型的にファイル フォーマットが既に圧縮されているため、これらのファイル型は重複除去されますが、圧縮されません。ピリオド (.) で前置きされないカンマ区切りの値を指定します。この設定を変更すると、既存の値を上書きします。

必須 false
位置 named
既定値 ビデオ ファイル、過去に圧縮されたファイル、すべての Microsoft Office 2007 ファイル。これらに限定するものではありませんが、含まれます。 aac | aif | aiff | asf | asx | au | avi | flac | jpeg | m3u | mid | midi | mov | mp1 | mp2 | mp3 | mp4 | mpa |mpe | mpeg | mpeg2 |mpeg3 | mpg | ogg | qt | qtw | ram | rm | rmi | rmvb | snd | swf | vob | wav | wax | wma | wmv | wvx | accdb | accde | accdr | accdt | docm | docx | dotm | dotx | pptm | potm | potx | ppam | ppsx | pptx | sldx | sldm | thmx | xlsx | xlsm | xltx | xltm | xlsb | xlam | xll | ace | arc | arj | bhx | b2 | cab | gz | gzip | hpk | hqx | jar | lha | lzh | lzx | pak | pit | rar | sea | sit | sqz | tgz | uu | uue | z | zip | zoo
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-OptimizeInUseFiles [<SwitchParameter>]
サーバーが現在開いているファイルを最適化することを試みることを示します。このパラメーターが指定された後、サーバーは開いているファイルを最適化する前に、15 分まで待つことができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-OptimizePartialFiles [<SwitchParameter>]
サーバーが MinimumFileAgeDays パラメーター値に応じて、十分に古いファイルの一部を含むすべてのファイルを最適化することを示します。

Enable-DedupVolume コマンドレットは、UsageType パラメーターの値に応じてこの動作を修正します。この動作を修正するために現在のパラメーターを使用する場合、コマンドレットが変更を上書きするために、再度 Enable-DedupVolume コマンドレットを実行します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-PassThru [<SwitchParameter>]
作業している項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットは出力を生成しません。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ThrottleLimit <Int32>
コマンドレットを実行するために確立できる同時操作の最大数を指定します。このパラメーターが省略、もしくは値 0 が入力された場合、Windows PowerShell は、コンピュータ上で実行されている CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットのための最適なスロットル限界を計算します。スロットル限界は、セッションもしくはコンピューターではなく、現在のコマンドレットのみ適用されます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Verify <Boolean>
重複除去エンジンは暗号強度の高いハッシュに頼るより、最適化で作成されたそれぞれの重複除去チャンクに対するバイトごとの検証を実行するかどうかを示します。このパラメーターの使用は推奨しません。このパラメーターに $True に設定することで、最適化性能が低下することがあります。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-Volume <String[]>
データ重複除去を無効にするためのシステム ボリュームの配列を指定します。(D: のような) ドライブ レター、もしくは (フォーム「\\?\Volume{{GUID}}\」を用いて) GUID パラメーターとして、1 つ以上のボリューム ID を指定します。カンマで複数のボリュームを区切ります。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する True (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • System.String[]
  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#
    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation(WMI)オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号(#)以降のパスは、基礎となる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名を提供します。

■出力

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance
    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation(WMI)オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号(#)以降のパスは、基礎となる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名を提供します。
  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#ROOT/Microsoft/Windows/Deduplication/MSFT_DedupVolume

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Set-DedupVolume -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Set-DedupVolume -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ボリューム上のファイル除外を設定する。

 Set-DedupVolume –Volume F: -ExcludeFolder F:\temp,F:\SQL 

このコマンドは、データ重複除去中にスキップされたすべてのファイルのルートフォルダを設定します。ExcludeFolder パラメーターは、データ重複除去エンジンが Temp フォルダーと SQL フォルダ内のファイルを除くボリューム F: 上にあるフォルダーのすべてのファイルを処理するために指定します。

例 2: ボリューム上の最少ファイル日数を設定する。

 Set-DedupVolume -Volume E: –MinimumFileAgeDays 10 

このコマンドは、重複除去エンジンがファイルを最適化する前にファイルにアクセスした日からの日数を設定します。MinimumFileAgeDays パラメーターは、データ重複除去エンジンが過去 10 日間にアクセスされなかったボリューム E: 上にあるすべてのフォルダ内のファイルを処理するために指定します。

例 3: ボリューム上のチャンク冗長性しきい値を設定する。

 Set-DedupVolume –Volume D: -MinimumFileAgeDays 15 –ChunkRedundancyThreshold 50 

このコマンドは、サーバーがデータ チャンクの冗長コピーを作成する前に、データ重複除去エンジンが重複除去中に遭遇する同じデータのチャンク数を設定します。MinimumFileAgeDays パラメーターは、データ重複除去エンジンが過去 15 日間にアクセスされなかったボリューム D: 上にあるすべてのフォルダ内のファイルを処理するために指定します。ChunkRedundancyThreshold パラメータは、データ重複除去エンジンが同じデータのチャンクを 50 見つけた場合、安全装置として 1 つの冗長コピーを作成するために指定します。

■関連するトピック

  • Disable-DedupVolume
  • Enable-DedupVolume
  • Get-DedupVolume

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク