de:code 2015 に登壇します

スポンサーリンク

公式サイト上にも情報が公開されたのでこのブログでもお伝えしますが、2015/05/26-27 に開催される日本マイクロソフト最大規模の技術コンファレンス「de:code 2015」に登壇することになりました。

「Azure を使ったクラウドベースのバックアップ システム運用」というセッションを行わせていただく予定となっています。

有償のイベントとなりますが、2015/4/28 まで早期割引が有効となっていますので、参加を検討されている方は是非お早目にご登録をお願いします。

「de:code 2015」について

今年の 「de:code 2015」「TechEd + //build」とあるように、インフラ技術者、開発者をはじめとする IT に携わるすべてのエンジニアのための技術コンファレンスです。

米国で行われる 「Build 2015」「Microsoft Ignite」で発表される最新情報を含め、IT 技術者の方々が抱えている課題や問題に対して、今、そしてこれから先を見据えてどのようにできるか、についてその技術を凝縮しお伝えするものとなっています。

Microsoft 製品を主とするインフラ技術者で、「TechEd」(もしくはそれと同等) の開催を望んでいた方は少なくないと思います。

自分も過去に「インフラ技術者としてこのままでいいのか」と自分の技術力に疑問を持ったり、くすぶっていた時期があり、自費で「TechEd 2010」に参加、圧倒された内容 / セッションであったこと、充実した時間を過ごせたことを今でも覚えています。

そして 2015 年、部署や担当している業務は異なり、若手から中堅という立場になりましたが「IT エンジニアとしてもっと技術に触れたい、そして得た内容を何らかの形で提供したい」という思いが日に日に強くなり、渇望するまでになりました。

そういった思いから、「de:code 2015」に参加することを決めました。

「来場者」としてではなく、「登壇者」として。

「de:code 2015」当日のセッションでは自分が持っている技術、そして思いを伝えることができれば、と思います。

そして、「de:code 2015」に参加される方々の今後の糧となれば幸いです。

全ての IT エンジニアのために。

Microsoft MVP for System Center Cloud and Datacenter Management
小賀坂 優

参考