Azure 仮想マシンが停止状態の場合に Azure Backup への登録が失敗する

スポンサーリンク

2015/03/26 (現地時間) に Azure Backup が Azure IaaS に展開した Azure 仮想マシンのバックアップ機能を提供しました (2015/04/25 ではプレビュー版)。

Azure Backup を用いた Azure 仮想マシンのバックアップは、サブスクリプション内の同一リージョン内に存在する Azure 仮想マシンに対してオンライン バックアップが可能となります。

また、バックアップは以下の 3 ステップで設定することが可能となりますが、仮想マシンの登録を登録する際、対象の仮想マシンが停止状態の場合、失敗します。

  1. Azure 仮想マシンの検出
  2. Azure 仮想マシンの登録
  3. Azure 仮想マシンの保護

エラーの詳細を確認すると、Azure 仮想マシンが起動している (実行中) 必要がある旨のメッセージが記載されています。

バックアップ対象となる Azure 仮想マシンを起動することで、登録することが可能となります。

参考