Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて

スポンサーリンク

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターとインフラストラクチャ間でのプライベート (閉域網) 接続を提供します。

Azure ExpressRoute における設定について、API および PowerShell コマンドレットが提供され、接続方法についても MSDN サイト上で情報が提供されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure ExpressRoute による Azure とのハイブリッド クラウド環境や今後 Azure ExpressRoute と Office 365 とのサポートが予定 (Microsoft の発表内容参照) されていることから日本国内での利用が増えると予測されるため、Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.4 で確認しているものとなります)。

なお、Azure ExpressRoute に関する PowerShell コマンドレットの一覧を表示するには、Windows Azure PowerShell モジュールが追加されたサーバー上で以下の PowerShell コマンドレットを実行することで確認が可能です。

Import-Module 'C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\Azure.psd1'
Import-Module 'C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\ExpressRoute\ExpressRoute.psd1'
Get-Command –Module ExpressRoute

Windows 8.1 などクライアント OS に Windows Azure PowerShell モジュールを追加した場合は、以下の PowerShell コマンドレットを実行することで確認が可能です。

Import-Module 'C:\Program Files\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\Azure.psd1'
Import-Module 'C:\Program Files\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\ExpressRoute\ExpressRoute.psd1'
Get-Command –Module ExpressRoute
Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレット一覧
項番コマンドレット内容
1Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit許可された回線に関する情報を取得します。
2Get-AzureBGPPeeringExpressRoute 回線の BGP 構成情報を持つオブジェクトを取得します。
3Get-AzureCrossConnection
4Get-AzureDedicatedCircuitすべての ExpressRoute 回線および各回線の詳細について一覧表示します。
5Get-AzureDedicatedCircuitLink特定の仮想ネットワークおよび ExpressRoute 回線のリンク状態について一覧表示します。仮想ネットワーク名が指定されていない場合、特定の ExpressRoute 回線にリンクされたすべての仮想ネットワークについて一覧表示します。
6Get-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization既存の権限の詳細について取得します。
7Get-AzureDedicatedCircuitServiceProviderMicrosoft Azure ですべての地域で接続性を提供するキャリア、およびインターネット交換ポイントが含まれるすべての ExpressRoute サービス プロバイダーについて一覧表示します。
8New-AzureBGPPeeringExpressRoute 回線に対する新しい BGP ペアリング構成を作成します。
9New-AzureCrossConnection
10New-AzureDedicatedCircuitMicrosoft Azure サブスクリプションに新しい ExpressRoute 回線を作成します。
11New-AzureDedicatedCircuitLink現在の Microsoft Azure サブスクリプション上で ExpressRoute と仮想ネットワーク間のリンクを作成します。
12New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationExpressRoute 回線を使用するために他のユーザーを許可します。
13New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds存在するリンク権限に許可されたユーザーを追加します。
14Remove-AzureBGPPeeringExpressRoute 回線に対するルーティング構成を削除します。
15Remove-AzureDedicatedCircuitExpressRoute 回線を削除します。
16Remove-AzureDedicatedCircuitLink仮想ネットワークおよび ExpressRoute 回線間のリンクを削除します。
17Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization専用回線に対するリンク権限を削除します。
18Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds専用回線リンクを作成するためのユーザーに対する権限を削除します。
19Set-AzureBGPPeeringExpressRoute 回線に対する BGP ペアリング構成を更新します。
20Set-AzureCrossConnection
21Set-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization専用回線に対するリンク権限を作成、もしくは更新します。
22Set-AzureDedicatedCircuitPropertiesAzure ExpressRoute 回線のプロパティを修正します。

[参考]