Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit) について

スポンサーリンク

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターとインフラストラクチャ間でのプライベート (閉域網) 接続を提供します。

Azure ExpressRoute における設定について、API および PowerShell コマンドレットが提供され、接続方法についても MSDN サイト上で情報が提供されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure ExpressRoute による Azure とのハイブリッド クラウド環境や今後 Azure ExpressRoute と Office 365 とのサポートが予定 (Microsoft の発表内容参照) されていることから日本国内での利用が増えると予測されるため、Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.4 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit

■概要

サブスクリプション ID に対する許可された回線の情報に関するオブジェクトを取得します。

■構文

Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit [[-ServiceKey] <String>] [<CommonParameters>]

■説明

顧客は、New-AzureDedicatedCircuitLink コマンドレットを用いることで許可された回線に紐づけるサブスクリプション ID を使用することが可能です。

■パラメーター

-ServiceKey <String>
許可された専用回線の識別子を指定します。

必須false
位置0
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

■出力

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■備考

  • なし

■例

例 1:

 Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit -ServiceKey &quot;12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab&quot; 

このコマンドは、サービス キー “12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab” を持つ許可された ExpressRoute 回線上の情報を持つオブジェクトを返します。

例 2:

 Get-AzureAuthorizedDedicatedCircuit 

このコマンドは、現在の Microsoft Azure サブスクリプション内のすべての許可された ExpressRoute 回線の情報を持つオブジェクトを返します。

■関連するトピック

  • New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization

[参考]