Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレット (New-AzureDedicatedCircuit) について

スポンサーリンク

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターとインフラストラクチャ間でのプライベート (閉域網) 接続を提供します。

Azure ExpressRoute における設定について、API および PowerShell コマンドレットが提供され、接続方法についても MSDN サイト上で情報が提供されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure ExpressRoute による Azure とのハイブリッド クラウド環境や今後 Azure ExpressRoute と Office 365 とのサポートが予定 (Microsoft の発表内容参照) されていることから日本国内での利用が増えると予測されるため、Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureDedicatedCircuit」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.4 で確認しているものとなります)。

■名前

New-AzureDedicatedCircuit

■概要

Windows Azure サブスクリプションに新しい ExpressRoute 回線を作成します。

■構文

New-AzureDedicatedCircuit -CircuitName <String> -Bandwidth <UInt32> -Location <String> -ServiceProviderName <String> [-Force [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureDedicatedCircuit コマンドレットは、現在の Microsoft Azure サブスクリプションに新しい ExpressRoute 回線を作成します。

■パラメーター

-CircuitName <String>
作成される ExpressRoute 回線名を指定します。ストレージ アカウント名は、現在の Microsoft Azure サブスクリプション内で一意であり、文字数が 3~24 である必要があります。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Bandwidth <UInt32>
指定されたピアリング場所で選択されたサービス プロバイダーをとおして、顧客の敷地と Microsoft Azure 間で ExpressRoute 回線に必要な総帯域幅を指定します帯域幅は Mbps を指定します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Location <String>
接続が有効になる特定のサービス プロバイダーのペアリング場所を指定します。場所名は、Get-AzureDedicatedCircuitServiceProvider コマンドレットによって返された選択可能なサービス プロバイダーのある場所名に合致する必要があります。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ServiceProviderName <String>
回線を有効にする ExpressRoute 接続性サービス プロバイダーをしていします。サービス プロバイダー名は、Get-AzureDedicatedCircuitServiceProvider コマンドレットで一覧表示されたあるサービス プロバイダーの名前に合致している必要があります。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
ユーザーの入力確認なしで強制的に実行します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

■出力

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureDedicatedCircuit -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureDedicatedCircuit -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■備考

  • なし

■例

例 1:

 New-AzureDedicatedCircuit -CircuitName &quot;MyCircuit&quot; -ServiceProviderName &quot;Equinix&quot; -Location &quot;West US&quot; -Bandwidth 1024 

このコマンドは、1024 Mbps の総帯域幅で “West US” でペアリングされたサービス プロバイダー “Equinix” に 新しい ExpressRoute 回線 “MyCircuit” を作成します。

■関連するトピック

  • Get-AzureBGPPeering
  • Get-AzureDedicatedCircuit
  • Get-AzureDedicatedCircuitLink
  • Get-AzureDedicatedCircuitServiceProvider
  • New-AzureBGPPeering
  • New-AzureDedicatedCircuitLink
  • Remove-AzureBGPPeerin
  • Remove-AzureDedicatedCircuit
  • Remove-AzureDedicatedCircuitLink
  • Set-AzureBGPPeering

[参考]