Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレット (New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds) について

スポンサーリンク

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターとインフラストラクチャ間でのプライベート (閉域網) 接続を提供します。

Azure ExpressRoute における設定について、API および PowerShell コマンドレットが提供され、接続方法についても MSDN サイト上で情報が提供されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure ExpressRoute による Azure とのハイブリッド クラウド環境や今後 Azure ExpressRoute と Office 365 とのサポートが予定 (Microsoft の発表内容参照) されていることから日本国内での利用が増えると予測されるため、Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.4 で確認しているものとなります)。

■名前

New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds

■概要

存在するリンク権限に承認されたユーザーを追加します。

■構文

New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds -ServiceKey <String> -AuthorizationId <String> -MicrosoftIds <String> [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds コマンドレットは、存在している承認へ多くの承認されたユーザーを追加するために使用します。

■パラメーター

-ServiceKey <String>
専用回線のサービス キーを指定します。

必須 true
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-AuthorizationId <String>
リンク承認の一意の識別子の値を指定します。

必須 true
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-MicrosoftIds <String>
承認される Microsoft ID の一覧をカンマ区切りで指定します。

必須 true
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

■出力

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■備考

  • なし

■例

例 1:

 New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds -ServiceKey "12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab" -AuthorizationId "12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab" -MicrosoftIds "id@company.com" 

このコマンドは、指定した専用回線を持つリンクを作成するために、Microsoft ID “id@company.com” を持つユーザーを許可します。

■関連するトピック

  • Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorizationMicrosoftIds
  • Set-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク