Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレット (Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization) について

スポンサーリンク

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターとインフラストラクチャ間でのプライベート (閉域網) 接続を提供します。

Azure ExpressRoute における設定について、API および PowerShell コマンドレットが提供され、接続方法についても MSDN サイト上で情報が提供されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure ExpressRoute による Azure とのハイブリッド クラウド環境や今後 Azure ExpressRoute と Office 365 とのサポートが予定 (Microsoft の発表内容参照) されていることから日本国内での利用が増えると予測されるため、Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure ExpressRoute 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.4 で確認しているものとなります)。

■名前

Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization

■概要

存在する専用回線リンク承認を削除します。

■構文

Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization -ServiceKey <String> -AuthorizationId <String> [-Force [<SwitchParameter>]] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization コマンドレットは、過去に作成された専用回線のリンク承認を削除します。影響を受けたユーザーの既存のリンクが削除され、指定された専用回路を使用して新しいリンクを作成することができなくなります。

■パラメーター

-ServiceKey <String>
専用回線のサービス キーを指定します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-AuthorizationId <String>
リンク承認の一意な識別子の値を指定します。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Limit <Int32>
ユーザーに対する入力のプロンプトなしで強制的に実行します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PassThru [<SwitchParameter>]
-PassThru パラメーターが指定された場合、コマンドが成功するかどうかによって、その結果を True もしくは False を返します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

■出力

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■備考

  • なし

■例

例 1:

 Remove-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization -ServiceKey &quot;12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab&quot; -AuthorizationId &quot;12345678-1234-1234-abcd-1234567890ab&quot; 

このコマンドは、-ServiceKey パラメーターで指定されたサービス キーを持つ ExpressRoute 回線からリンク承認を削除します。

■関連するトピック

  • Get-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization
  • New-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization
  • Set-AzureDedicatedCircuitLinkAuthorization

[参考]