Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。

Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord

■概要

サービス構成のアクセス制御レコードを取得します。

■構文

Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord [[-ACRName] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord コマンドレットは、StorSimple Manager サービス構成のアクセス制御レコードを取得します。このコマンドレットは、すべてのレコードもしくはレコード名を取得します。

アクセス制御リストは iSCSI イニシエーターのパラメーターのコンテナーです。これらのパラメーターは、イニシエーターがボリュームにアクセス可能かを指定します。iSCSI イニシエーターがボリュームへの接続を施行する場合、アプライアンスはボリュームに割り当てられたアクセス制御レコードをチェックします。iSCSI イニシエーター パラメーターは、ボリュームにマップされたアクセス制御レコード内のあるエントリーにマッチしたら、iSCSI イニシエーターは接続可能です。

■パラメーター

-ACRName [<String>]
取得するアクセス制御レコード名を指定します。

必須 false
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • AccessControlRecord, IList<AccessControlRecord>
    このコマンドレットは、AccessControlRecord オブジェクトもしくは IList<AccessControlRecord> オブジェクトを返します。AccessControlRecord オブジェクトは、以下のフィールドを含みます:

    • GlobalId (String)
    • InitiatorName (String)
    • InstanceId (String)
    • Name (String)
    • OperationInProgress (OperationInProgress)
    • VolumeCount (int)

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: すべてのアクセス制御レコードを取得

 Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord 
InstanceId                           Name                        InitiatorName               VolumeCount
———-                           —-                        ————-               ———–
01a31aa5-14de-4b77-b926-2842577f540e Windows_XYUSFL718-RV_ACR    iqn.1991-05.com.microsof… 3
071c282d-0cd2-4c5f-b687-48966037ba48 Linux_XYUSFL719_ACR         iqn.1994-05.com.redhat:a… 3
4600eade-71f8-4d04-baec-0e7cf1d1e8fb Windows_XYUSFL720_ACR       iqn.1991-05.com.microsof… 9
d508d6f0-fcda-4624-b223-c0b307d6113e Linux_XYUSFL350_ACR         iqn.1991-05.com.microsof… 9

このコマンドは、すべてのアクセス制御レコードを取得します。

例 2: 指定したアクセス制御レコードを取得

 Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord -ACRName "Acr11" 
VERBOSE: ClientRequestId: 61f261c7-acd3-4bcc-922a-ddfd85eb767b_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 49c6a4c7-d299-46fd-a553-034c52b47487_PSGlobalId            :
InitiatorName       : iqn-contoso63
InstanceId          : 55f24643-ab3a-4098-ade2-aa2b1a3ab18c
Name                : Acr11
OperationInProgress : None
VolumeCount         : 6VERBOSE: Access Control Record with given name Acr11 is found!

このコマンドは、すべてのアクセス制御レコードを取得します。

■関連するトピック

  • New-AzureStorSimpleAccessControlRecord
  • Remove-AzureStorSimpleAccessControlRecord
  • Set-AzureStorSimpleAccessControlRecord

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク