Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。

Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator

■概要

StorSimple デバイスに対する利用可能な iSCSI 接続を取得します。

■構文

Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator [-DeviceId] <String> [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator [-DeviceName] <String> [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator コマンドレットは、デバイスに対する利用可能な iSCSI 接続の一覧を取得します。iSCSI オブジェクトは、このコマンドレットが返す以下のプロパティが含まれます:

  • AcrInstanceId
  • AcrName
  • AllowedVolumeNames
  • InitiatorAddress
  • Interfaces
  • Iqn
  • IscsiConnectionId

このコマンドレットは、iSCSI 接続がデバイスに対してオンになっている場合にのみ接続オブジェクトを取得します。既定では、接続はオフになっています。

■パラメーター

-DeviceId <String>
iSCSI イニシエーターを取得する StorSimple デバイスのインスタンス ID を指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DeviceName <String>
iSCSI イニシエーターを取得する StorSimple デバイス名を指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須true
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • List<IscsiConnection>
    このコマンドレットは、以下のプロパティに含まれる iSCSI 接続オブジェクトを返します:

    • AcrInstanceId
    • AcrName
    • AllowedVolumeNames
    • InitiatorAddress
    • Interfaces
    • Iqn
    • IscsiConnectionId

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: デバイスに対するすべての接続を取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceConnectedInitiator -DeviceName "Contoso63-AppVm" 
VERBOSE: ClientRequestId: bec615b9-79ab-4671-88b0-287adeb6bf68_PS
VERBOSE: ClientRequestId: ef976c58-2660-41c8-aa15-c84e70c9d01c_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 9b306b96-8e76-47ed-beda-d3bd2fb2bb82_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 0f4fc743-0b60-45da-a45a-27f4b0f32bd2_PS

AcrInstanceId      : 55f24643-ab3a-4098-ade2-aa2b1a3ab18c
AcrName            : Contoso63-AppVm
AllowedVolumeNames : {Policyvolume1_Default}
InitiatorAddress   :
Interfaces         : {Data0}
Iqn                : iqn10
IscsiConnectionId  : cfc144cb-00f1-44b1-9655-80b431f2161b

VERBOSE: 1 Iscsi Connection found!

このコマンドはデバイス名「Contoso63-AppVm」に対する iSCSI 接続を取得します。このコマンドは、デバイスに対して接続がオンになっている場合にのみ返します。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord

[参考]