Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureStorSimpleDeviceVolume) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。

Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureStorSimpleDeviceVolume」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureStorSimpleDeviceVolume

■概要

デバイス上のボリュームを取得します。

■構文

Get-AzureStorSimpleDeviceVolume [-DeviceName] <String> [-VolumeContainer] <DataContainer> [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceVolume [-DeviceName] <String> [-VolumeName] <String> [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureStorSimpleDeviceVolume コマンドレットは、指定したボリューム コンテナーのボリューム、もしくは指定した名前を持つボリュームの一覧を取得します。以下のプロパティが含まれるオブジェクトを返します:

  • AccessType
  • AcrList
  • AppType
  • DataContainer
  • DataContainerId
  • InstanceId
  • IsBackupEnabled
  • IsDefaultBackupEnabled
  • IsMonitoringEnabled
  • Name
  • Online
  • OperationInProgress
  • SizeInBytes
  • VSN

■パラメーター

-DeviceName <String>
ボリュームを取得するための StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeContainer <DataContainer>
取得するボリュームが含まれる DataContainer オブジェクトとして、ボリューム コンテナーを指定します。DataContainer オブジェクト を取得するために、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを指定します。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeName <String>
取得するボリューム名を指定します。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • DataContainer
    このコマンドレットは、取得するボリュームが含まれる DataContainer オブジェクトを受け入れます。

■出力

  • VirtualDisk, IList<VirtualDisk>
    このコマンドレットは、-VolumeName パラメーターが指定されている場合、VirtualDisk オブジェクトを返します。-VolumeContainer パラメーターが指定されている場合、このコマンドレットは、IList<VirtualDisk> オブジェクトを返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 指定したコンテナー内のボリュームの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeContainerName "Container03" | Get-AzureStorSimpleDeviceVolume -DeviceName "Contoso63-AppVm" 
InstanceId             : BA-1503262017214433280-ade42af6-dabb-449d-b66b-4f5d06891d4c
Name                   : Volume 1 Clone
Online                 : True
SizeInBytes            : 3298534883328
AccessType             : ReadWrite
AcrList                : {Windows_XYUSFL718-RV_ACR}
AppType                : Invalid
DataContainerId        : 127135b6-92de-4f53-850d-70e1f9a38cbe
IsBackupEnabled        : True
IsDefaultBackupEnabled : False
IsMonitoringEnabled    : False
VSN                    : BA-1503262017214433280-ade42af6-dabb-449d-b66b-4f5d06891d4cInstanceId             : BA-1503262017366008684-cf8bb1a3-21e5-4cfc-ba0d-bfe238d77ebe
Name                   : Volume 3 Clone
Online                 : True
SizeInBytes            : 1717986918400
AccessType             : ReadWrite
AcrList                : {Linux_XYUSFL719_ACR}
AppType                : Invalid
DataContainerId        : 127135b6-92de-4f53-850d-70e1f9a38cbe
IsBackupEnabled        : True
IsDefaultBackupEnabled : False
IsMonitoringEnabled    : False
VSN                    : BA-1503262017366008684-cf8bb1a3-21e5-4cfc-ba0d-bfe238d77ebe

InstanceId             : SS-VOL-2180be94-36f1-473e-a42b-a3ebd2cdb481
Name                   : Volume 4
Online                 : True
SizeInBytes            : 1610612736000
AccessType             : ReadWrite
AcrList                : {Linux_XYUSFL719_ACR}
AppType                : Invalid
DataContainerId        : 127135b6-92de-4f53-850d-70e1f9a38cbe
IsBackupEnabled        : True
IsDefaultBackupEnabled : False
IsMonitoringEnabled    : False
VSN                    : SS-VOL-2180be94-36f1-473e-a42b-a3ebd2cdb481

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用いて、デバイス名「Contoso63-AppVm」上のボリューム コンテナー名「Container03」を取得します。コマンドは、現在のコマンドレットからコンテナーに渡すためにパイプライン操作を使用します。このコマンドレットは、デバイス名「Contoso63-AppVm」に対するコンテナー内のすべてのボリュームを取得します。

例 2: 名前を用いたボリュームの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceVolume -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeName "Volume18" 
InstanceId             : SS-VOL-c75e9636-1dcf-43db-92df-3af1ecf3f18a
Name                   : Volume18
Online                 : True
SizeInBytes            : 2748779069440
AccessType             : ReadWrite
AcrList                : {Windows_XYUSFL718-RV_ACR}
AppType                : Invalid
DataContainerId        : 127135b6-92de-4f53-850d-70e1f9a38cbe
IsBackupEnabled        : True
IsDefaultBackupEnabled : False
IsMonitoringEnabled    : False
VSN                    : SS-VOL-c75e9636-1dcf-43db-92df-3af1ecf3f18a

このコマンドは、デバイス名「Contoso63-AppVm」上のボリューム名「Volume18」を取得します。

■関連するトピック

  • New-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Remove-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Set-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク