Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureStorSimpleDeviceVolume」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

New-AzureStorSimpleDeviceVolume

■概要

指定したボリューム コンテナー内にボリュームを作成します。

■構文

New-AzureStorSimpleDeviceVolume [-DeviceName] <String> [[-WaitForComplete]] [-VolumeContainer] <DataContainer> [-VolumeName] <String> [-VolumeSizeInBytes] <System.Int64> [-AccessControlRecords] <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null> [-VolumeAppType] {Invalid | PrimaryVolume | ArchiveVolume} [-Online] <Boolean> [-EnableDefaultBackup] <Boolean> [-EnableMonitoring] <Boolean> [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureStorSimpleDeviceVolume コマンドレットは、指定したボリューム コンテナー内にボリュームを作成します。このコマンドレットは、1 つ以上のアクセス制御レコードと各ボリュームを関連付けます。AccessControlRecord オブジェクトを取得するために、Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord コマンドレットを用います。ボリュームの名前、サイズ、および AppType を指定します。また、ボリューム オンラインを作成するかどうか、既定のバックアップを有効にするかどうか、および監視を有効にするかどうかを指定します。

■パラメーター

-AccessControlRecords <0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null>
ボリュームに関連付けるアクセス制御レコードの一覧を指定します。

必須 true
位置 5
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true(ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-DeviceName <String>
ボリュームを作成する StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-EnableDefaultBackup <Boolean>
ボリュームに対する既定のバックアップを有効にするかどうかを指定します。

必須 true
位置 8
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-EnableMonitoring <Boolean>
ボリュームの監視を有効にするかどうかを指定します。

必須 true
位置 9
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Online <Boolean>
ボリューム オンラインを作成するかどうかを指定します。

必須 true
位置 7
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeAppType <AppType>
プライマリ もしくは アーカイブ ボリュームを作成するかどうかを指定します。有効な値: PrimaryVolume および ArchiveVolume

必須 true
位置 6
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeContainer <DataContainer>
ボリュームを作成する DataContainer オブジェクトとしてコンテナーを指定します。VirtualDisk オブジェクトを取得するために Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用います。

必須 TRUE
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true(ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeName <String>
新しいボリューム名を指定します。

必須 true
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeSizeInBytes <System.Int64>
バイト内のボリューム サイズを指定します。

必須 true
位置 4
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WaitForComplete [<SwitchParameter>]
Windows PowerShell コンソールに制御を返す前に、このコマンドレットが完了するための操作に対して待機するかを示します。

必須 false
位置 10
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • DataContainer, List<AccessControlRecord>
    このコマンドレットは、DataContainer オブジェクトおよび新しいボリュームに対する AccessControlRecord オブジェクトを受け入れます。

■出力

  • TaskStatusInfo
    このコマンドレットは、-WaitForComplete パラメーターを指定する場合、TaskStatusInfo オブジェクトを返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureStorSimpleDeviceVolume -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureStorSimpleDeviceVolume -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ボリュームの作成

$AcrList = Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord
Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeContainerName "VolumeContainer07" | New-AzureStorSimpleDeviceVolume -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeName "Volume18" -Size 2000000000 -AccessControlRecords $AcrList -VolumeAppType PrimaryVolume -Online $True -EnableDefaultBackup $False -EnableMonitoring $False
VERBOSE: ClientRequestId: a29d1a84-1f81-4f20-9130-7adfe45e41fb_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 8fa63df1-3f81-4029-a536-b536a70068ad_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 964c5744-8bb1-4f70-beda-95ca4c7f3eb6_PS
VERBOSE: ClientRequestId: f09fff3a-54fa-4a0e-93db-b079260ed2dd_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 59aa29e3-8044-411a-adae-b64a2681ffed_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 0ffd0297-19be-40fe-a64e-6a2947d831b4_PS
c3b1ad53-7a51-49d7-ae83-94ff1ff3ab90
VERBOSE: The create task is submitted successfully. Please use the command Get-AzureStorSimpleTask -InstanceId
c3b1ad53-7a51-49d7-ae83-94ff1ff3ab90 for tracking the task’s status
VERBOSE: Volume container with name: VolumeContainer07 is found.

1 番目のコマンドは、Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord コマンドレットを用いて StorSimple Manager サービス構成内のアクセス制御レコードを取得し、変数 $AcrList に格納します。

2 番目のコマンドは、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用いてデバイス名「Contoso63-AppVm」に対するボリューム コンテナー名「VolumeContainer07」を取得します。コマンドは、パイプライン操作を用いて現在のコマンドレットにコンテナーを渡します。このコマンドレットは、ボリュームを作成思案す。コマンドは、ボリュームに対する名前、サイズおよび $AcrList に格納されたアクセス制御レコードを指定します。このコマンドはジョブを開始し、TaskResponse を返します。ジョブの状態を確認するには、Get-AzureStorSimpleTask コマンドレットを用います。

例 2: アクセス制御レコードなしでボリュームの作成

 Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeContainerName "VolumeContainer01" | New-AzureStorSimpleDeviceVolume -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeName "Volume22" -Size 2000000000 -AccessControlRecords @() -VolumeAppType PrimaryVolume -Online $True -EnableDefaultBackup $False -EnableMonitoring $False -WaitForComplete 

VERBOSE: ClientRequestId: 3f359790-7e1f-48e7-acf8-ecabba850966_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 2723ebcf-cd72-47bb-99b5-0c099d45641b_PS
VERBOSE: ClientRequestId: e605091f-dd63-42a7-bda2-24753cbc1f9a_PS
VERBOSE: ClientRequestId: b3fd08c3-67c5-4309-9591-15d92c360469_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 15a024a3-b0c9-4f83-9c34-0ed8b95d024b_PS
VERBOSE: ClientRequestId: c13f92f9-aea1-40dd-af80-3affe273adbe_PS

TaskId       : ceef657e-390e-4f7a-aab7-669a29c29e7f
TaskResult   : Succeeded
TaskStatus   : Completed
ErrorCode    :
ErrorMessage :
TaskSteps    : {Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.TaskStep}

VERBOSE: The task created for your create operation has completed successfully.
VERBOSE: ClientRequestId: 1d79febf-f752-4255-af2d-230d40773bc6_PS
AccessType             : NoAccess
AcrIdList              : {}
AcrList                : {}
AppType                : PrimaryVolume
DataContainer          : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.DataContainer
DataContainerId        : 68b63d15-6aa5-4e69-9f9d-4a0bc607d6e9
InstanceId             : SS-VOL-d73b7eec-76fc-4310-b347-69b160de8cdd
InternalInstanceId     :
IsBackupEnabled        : False
IsDefaultBackupEnabled : False
IsMonitoringEnabled    : False
Name                   : Volume22
Online                 : True
OperationInProgress    : None
SizeInBytes            : 2000000000
VSN                    : SS-VOL-d73b7eec-76fc-4310-b347-69b160de8cdd

VERBOSE: Volume container with name: VolumeContainer01 is found.

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用いてデバイス名「Contoso63-AppVm」に対するボリューム コンテナー名「VolumeContainer01」を取得します。コマンドは、パイプライン操作を用いて現在のコマンドレットにコンテナーを渡します。このコマンドレットはボリュームを作成します。コマンドは、ボリュームの名前、サイズおよびアクセス制御レコードに対するからの値を指定します。このコマンドは、-WaitForComplete パラメーターを指定しているので、ボリュームの作成後に TaskStatusInfo オブジェクトを返します。

コマンドでアクセス制御レコードが指定されていないので、このボリュームにはアクセスできません。アクセスするには、Set-AzureStorSimpleDeviceVolume コマンドレットを用います。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Remove-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Set-AzureStorSimpleDeviceVolume
  • Get-AzureStorSimpleAccessControlRecord
  • Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer
  • Get-AzureStorSimpleJob

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク