Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential

■概要

Azure ストレージ アクセス資格情報を追加します。

■構文

New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential [-StorageAccountName] <String> [-StorageAccountKey] <String> [-UseSSL] <Boolean> [[-Endpoint] [<System.String>]] [[-WaitForComplete]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential コマンドレットは、StorSimple OneSDK コマンドレットを用いて StorSimple マネージャーへ Azure ストレージ アクセス資格情報を追加します。StorSimple OneSDK コマンドレットの大部分は、ボリューム、ボリュームコンテナ、バックアップ、およびバックアップ ポリシーなどのような最終的に特定のストレージ アカウントに関連付けられているエンティティを扱います。いくつかのコマンドレットに対し、使用されるストレージ アカウント資格情報を供給する必要があります。ストレージ アカウントの資格情報は、既存の Azure ストレージ アカウントを指す OneSDK で作成したアクセス オブジェクトです。ストレージ アカウント資格情報を作成するために、存在するストレージ アカウントの名前、およびアクセス キーを供給します。他のコマンドレットとともに資格情報オブジェクトを使用することが可能です。

このコマンドレットは、Select-AzureStorSimpleResource コマンドレットを用いてリソースを選択する場合に供給される登録キーを用います。暗号化の失敗を回避するために、値が正しいことを確認します。正しい値の登録キーを修正するためには、Select-AzureStorSimpleResource コマンドレットを用います。

■パラメーター

-Endpoint [<System.String>]
ストレージ アカウントの Azure ストレージ エンドポイントを指定します。

必須false
位置4
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-StorageAccountKey <String>
プレーン テキスト内のストレージ アカウントのアクセス キーを指定します。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-StorageAccountName <String>
存在するストレージ アカウント名を指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UseSSL <Boolean>
新しいストレージ アカウント資格情報を用いる場合の接続について、SSL を用いるかどうかを示します。

必須true
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WaitForComplete [<SwitchParameter>]
Windows PowerShell コンソールに制御を返す前に、このコマンドレットが完了するための操作に対して待機するかを示します。

必須false
位置5
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • IEnumerable<StorageAccountCredentialResponse>, TaskResponse
    このコマンドレットは、-WaitForComplete パラメーターが指定されている場合、StorageAccountCredentialResponse オブジェクトの一覧を返します。このパラメーターが指定されていない場合、TaskResponse オブジェクトを返します。StorageAccountCredentialResponse オブジェクトには、以下のプロパティが含まれます。
    • CloudType (CloudType)
    • Hostname (String)
    • InstanceId (String)
    • IsDefault (Boolean)
    • Location (String)
    • Login (String)
    • Name (String)
    • OperationInProgress (OperationInProgress)
    • Password (String)
    • PasswordEncryptionCertThumbprint (String)
    • UseSSL (Boolean)
    • VolumeCount (int)

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 資格情報の作成

 New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential -StorageAccountName "ContosoAccount07" -StorageAccountKey "L/eVcHtvqKjPWm5SaAJXtDlc0d69yVs0ICoZ2XIV1x0r9TqUyQyLUNS8lHvTvRmzdvQhJelav3fYyX7wyAu/SA==" -UseSSL $False -WaitForComplete 
VERBOSE: ClientRequestId: f363cda4-54aa-4ee8-a3fa-00651ac86ffb_PS
VERBOSE: Found storage account with name : ContosoAccount07
VERBOSE: Storage credential verification succeeded.
VERBOSE: ClientRequestId: 716ce6df-62b3-4d48-8e0e-b0c94eec6934_PS
VERBOSE: Encryption in progress…
VERBOSE: ClientRequestId: 19aa4ef7-2789-4817-980c-19e33d257650_PS

JobId        : 84f74c25-b742-452c-973c-43c7446e9f49
JobResult    : Succeeded
JobStatus    : Completed
ErrorCode    :
ErrorMessage :
JobSteps     : {}

VERBOSE: The job created for your create operation has completed successfully.
VERBOSE: ClientRequestId: 72bcdf37-bf06-4dac-adc9-31bb8d06475a_PS
CloudType                        : Azure
Hostname                         : blob.core.windows.net
InstanceId                       : b9986714-cef4-4c3f-a719-7acfc9559320
IsDefault                        : False
Location                         : West Europe
Login                            : ContosoAccount07
Name                             : ContosoAccount07
OperationInProgress              : None

Password                         : G1sBQ6/qAN1gyRGRZVarpi7o6ToJl61sGugfeJ75yx7cwyaGLQHjrSEEwhxThbDJkxso2emAOarTe920Uufy
                                   0AmJ9NpBI5hNyIFfwS4Ff+z2WmfKOzApyeofW5Zy7GPufehe/2ondq0XG4pGt3qxHFXNVUuiaPSU6TVWEKSh
                                   hWDaksSXYMGij3DJdZDW1MA49e6Q7OY+rFujbYvi9P2OjVj8T+FbiMtMB5NnQEqE+t3k74RqPIDKU+d3h9x4
                                   rYbAksGPfMvSa0fUipwYJ+Y5/NABA6j/MfB2pNDJbvqDoa1JCX6SKiwL81wmTh78/KnDY5ST3Said5DzKEbR
                                   iYMQZg==
PasswordEncryptionCertThumbprint :
UseSSL                           : False
VolumeCount                      : 0

このコマンドは、指定したストレージ アカウントのストレージ アクセス資格情報を作成します。このコマンドは、-WaitForComplete パラメーターを指定しているので、コマンドレットはコンソールに制御を返すためにタスクが完了するまで待機します。

例 2: 資格情報の作成およびタスクの状態の確認

New-AzureStorSimpleStorageAccountCredential -Name "ContosoAccount08" -Key "6BlMpSVrCQVQy3iOpkxiyY8uk/e3PiHIhadxV4qpPlKInr/eRFrGcWKDrfNC1IHj6oh0If/h3rALdZ0zuaf9cQ==" -UseSSL $True
Get-AzureStorSimpleTask -InstanceId "53816d8d-a8b5-4c1d-a177-e59007608d6d"
VERBOSE: ClientRequestId: 6104a834-ea57-4687-8e0b-1d97dc1c038b_PS
VERBOSE: Found storage account with name : ContosoAccount08
VERBOSE: Storage credential verification succeeded.
VERBOSE: ClientRequestId: 1f686fa4-5afc-43c3-87b6-f2da7bf9e65f_PS
VERBOSE: Encryption in progress…
VERBOSE: ClientRequestId: 8acb3770-bd72-43e6-9622-481002ad40b0_PS
53816d8d-a8b5-4c1d-a177-e59007608d6d
VERBOSE: The create task is submitted successfully. Please use the command Get-AzureStorSimpleTask -InstanceId
53816d8d-a8b5-4c1d-a177-e59007608d6d for tracking the task’s status

1 番目のコマンドは、指定したストレージ アカウントのストレージ アクセス資格情報を作成します。コマンドは、タスク ID を返します。

2 番目のコマンドは、Get-AzureStorSimpleTask コマンドレットを用いてタスクの状態を問い合わせます。コマンドは、1 番目のコマンドからタスク ID を指定します。

例 3: 他のコマンドレットを用いた資格情報の作成

 Get-AzureStorSimpleStorageAccountCredential -Name "ContosoAccount09" | New-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -Name "VC03" -DeviceName "Contoso63-AppVm" -BandWidthRate 256 -EncryptionEnabled $True -EncryptionKey "&lt;your encryption key&gt;" -WaitForComplete 

VERBOSE: ClientRequestId: b1d1e637-cd72-4a1e-95a8-4db1d0b921a7_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 71f56ca0-1f0b-4655-9331-4849e096345a_PS
VERBOSE: ClientRequestId: fbdd5a96-c95f-4547-9bcd-376d05543348_PS
VERBOSE: Storage Access Credential with name ContosoAccount09 found!
VERBOSE: ClientRequestId: b44e0363-9979-4e97-aeb1-d9eb4073a337_PS
VERBOSE: ClientRequestId: a6047943-b01e-44e4-a91d-5103aa80ce57_PS
VERBOSE: Encryption in progress…
VERBOSE: ClientRequestId: ac2dfd8b-922f-4e4d-8c8d-df1e2f87806c_PS

JobId        : 1cf2db5d-624f-46c4-97b9-c36451ba144e
JobResult    : Succeeded
JobStatus    : Completed
ErrorCode    :
ErrorMessage :
JobSteps     : {Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.TaskStep}

VERBOSE: The job created for your create operation has completed successfully.
VERBOSE: ClientRequestId: 9558414b-0883-4cf6-8a02-40efc7edd80d_PS
BandwidthRate                   : 256
EncryptionKey                   : g53NTgCF3SBVZzzk+9yUz5nZopvZpNr3th92ol7WRO7ZUKhodPm7WNjjHEKB0/V+JY6P68tdaF4JxF5jH58e/
                                  mCtTvnPNpOxykYFdY9GKGd9gnf+36sUPqiLFP+ONO5nN/N/zFmOeyuySsaa3gJsZG8eIiFc821yfe9m5QPbF
                                  bx/Qyu8qLl1R1LrKU7k+46IXfwQYSyclztydyuzvFUUic9kaJuR3944VLvrjvxJIbnLrYy7hsn+Gfq7ds9NFq
                                  AUILBH0+bk2uWgUlofAcE8fJ/rzDAHr8nFGWxOTJSrqAo0J3st8BN39+BcrY+zOWsMc/vKfc+Ss5PsGVGDT1r
                                  eQ==
InstanceId                      : 60c34706-ef0c-4c6f-ad90-7249f42648f7
IsDefault                       : False
IsEncryptionEnabled             : True
Name                            : VC03
OperationInProgress             : None
Owned                           : True
PrimaryStorageAccountCredential : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.StorageAccountCredentialRespo
nse
SecretsEncryptionThumbprint     :
VolumeCount                     : 0

このコマンドは、ストレージ アカウント資格情報を作成します。コマンドは、パイプライン操作を用いることで New-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットに資格情報を渡します。このコマンドレットは、資格情報を用いることで新しいボリューム コンテナーを作成します。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleStorageAccountCredential
  • Remove-AzureStorSimpleStorageAccountCredential
  • Set-AzureStorSimpleStorageAccountCredential
  • Get-AzureStorSimpleJob
  • New-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer

[参考]