Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (New-AzureStorSimpleVirtualDevice) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureStorSimpleVirtualDevice」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

New-AzureStorSimpleVirtualDevice

■概要

仮想 StorSimple デバイスを作成します。

■構文

New-AzureStorSimpleVirtualDevice [-VirtualDeviceName] <System.String> [-VirtualNetworkName] <System.String> [-SubNetName] <System.String> [-CreateNewStorageAccount] [[-StorageAccountName] [<System.String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

New-AzureStorSimpleVirtualDevice [-VirtualDeviceName] <System.String> [-VirtualNetworkName] <System.String> [-SubNetName] <System.String> [-StorageAccountName] [<System.String>] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureStorSimpleVirtualDevice コマンドレットは、仮想 StorSimple デバイスを作成します。 デバイスに対するデバイス名を指定します。同一サブスクリプション内の仮想ネットワークに対して、仮想ネットワークおよびサブネットの詳細を指定します。地域は、StorSimple が作成される地域に合致する必要があります。仮想デバイスに対する存在するストレージ アカウントを使用するために、名前を指定します。仮想デバイスに対する新しいストレージ アカウント作成するために、-StorageAccountName および -CreateNewStorageAccount パラメーターの両方を指定します。

■パラメーター

-CreateNewStorageAccount <SwitchParameter>
このコマンドレットが、新しいストレージ アカウントを作成するかどうかを示します。

必須true
位置4
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-StorageAccountName [<System.String>]
ストレージ アカウント名を指定します。

必須false
位置5
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SubNetName <System.String>
仮想サブネット名を指定します。

必須true
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VirtualDeviceName <System.String>
仮想デバイス名を指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VirtualNetworkName <System.String>
仮想ネットワーク名を指定します。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

■出力

  • String
    このコマンドレットは、仮想デバイスを作成するジョブの ID 識別子を返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureStorSimpleVirtualDevice -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureStorSimpleVirtualDevice -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 新しいアカウントおよび仮想ネットワークを用いた仮想デバイスの作成

 New-AzureStorSimpleVirtualDevice -VirtualDeviceName "Contosodevice02" -VirtualNetworkName "Saas2vpn" -SubNetName "TenantSubnet" -StorageAccountName "AzureTenant04" -CreateNewStorageAccount 64e4c564-b0ac-44b0-afb4-adf28ac24ad0 
VERBOSE: The create job is triggered successfully. Please use the command Get-AzureStorSimpleJob -InstanceId 64e4c564-b0ac-44b0-afb4-adf28ac24ad0 for tracking the job’s status

このコマンドは、新しいストレージ アカウントおよび存在する仮想ネットワークを用いて仮想デバイスを作成します。

例 2: 存在するアカウントおよび仮想ネットワークを用いた仮想デバイスの作成

 New-AzureStorSimpleVirtualDevice -VirtualDeviceName "ContosoDevice07" -VirtualNetworkName "Saas2vpn" -SubNetName TenantSubnet -StorageAccountName azurecisbvtdnd2a18a3b7-1ec6-481d-b95d-66ba8f67ceaf 

VERBOSE: The create job is triggered successfully. Please use the command Get-AzureStorSimpleJob -InstanceId 2a18a3b7-1ec6-481d-b95d-66ba8f67ceaf for tracking the job’s status

このコマンドは、存在するストレージ アカウントおよび存在する仮想ネットワークを使用する仮想デバイスを作成します。

■関連するトピック

  • Set-AzureStorSimpleVirtualDevice
  • Get-AzureStorSimpleJob

[参考]