Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer

■概要

StorSimple デバイスからボリューム コンテナーを削除します。

■構文

Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer [-DeviceName] <String> [-VolumeContainer] <DataContainer> [[-WaitForComplete]] [[-Force]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットは、StorSimple デバイスからボリューム コンテナーを削除します。このコマンドレットは、-Force パラメーターを指定しない場合に確認のプロンプトを表示します。

■パラメーター

-DeviceName <String>
存在するボリューム コンテナーを削除する StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Force [<SwitchParameter>]
コマンドレットが確認のプロンプトを表示しないことを示します。

必須 false
位置 4
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-VolumeContainer <DataContainer>
DataContainer
オブジェクトとして、削除するボリューム コンテナーを指定します。DataContainer オブジェクトを指定するために、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用います。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true(ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-WaitForComplete [<SwitchParameter>]
Windows PowerShell コンソールに制御を返す前に、このコマンドレットが完了するための操作に対して待機するかを示します。

必須 false
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • DataContainer
    このコマンドレットは、削除する DataContainer オブジェクトを受け入れます。

■出力

  • TaskStatusInfo
    このコマンドレットは、-WaitForComplete パラメーターが指定されていない場合、TaskStatusInfo オブジェクトを返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: パイプラインを用いたコンテナーの削除

 Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeContainerName "Container08" | Remove-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer -DeviceName "Contoso63-AppVm" -Force 
VERBOSE: ClientRequestId: 0efbb4fc-ceb0-4311-bc49-0e08161d0a37_PS
VERBOSE: ClientRequestId: bf5b615f-47e3-4868-91b6-f2d12217a302_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 5590c87e-0602-4197-b6c3-cf58b0e7a7b3_PS
VERBOSE: ClientRequestId: b33c71ac-c345-44ff-8213-d7fdf9f8480a_PS
VERBOSE: ClientRequestId: 903d42ef-58f4-4e89-ba7f-5f234262356d_PS
VERBOSE: About to create a job to remove your Volume container!
VERBOSE: ClientRequestId: 2279575f-5115-4344-9c6f-9ef599bd203e_PS
e9ddec89-67ac-4e2e-a2ed-820de3547bb0
VERBOSE: The delete task is submitted successfully. Please use the command Get-AzureStorSimpleTask -InstanceId
e9ddec89-67ac-4e2e-a2ed-820de3547bb0 for tracking the task’s status
VERBOSE: Volume container with name: Container08 is found.

このコマンドレットは、Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer コマンドレットを用いて、デバイス名「Contoso63-AppVm」上のボリューム コンテナー名「Container08」を取得します。コマンドは、パイプライン処理を用いて、現在のコマンドレットにボリューム コンテナーに渡します。このコマンドは、コンテナーを削除するタスクを開始し、TaskResponse オブジェクトを返します。 タスクの状態を確認するには、Get-AzureStorSimpleTask コマンドレットを用います。このコマンドレットは、-Force パラメーターが指定されているので、確認のプロンプトを表示しません。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer
  • New-AzureStorSimpleDeviceVolumeContainer

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク