Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Select-AzureStorSimpleResource) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Select-AzureStorSimpleResource」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Select-AzureStorSimpleResource

■概要

現在のリソースとしてリソースを設定します。

■構文

Select-AzureStorSimpleResource [-ResourceName] <String> [[-RegistrationKey] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Select-AzureStorSimpleResource コマンドレットは、現在のリソースとしてリソースを設定します。リソースの選択後、他のコマンドレットは、このリソース コンテキストを適用します。

■パラメーター

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RegistrationKey [<String>]
登録キーを指定します。 キーは最初に選択したリソースを選択します。このコマンドレットが、現在のリソースを選択後、コマンドレットは、要求としてこのキーを用います。詳細な情報は、Microsoft Developer Network 内の Get the service registration key を参照します。

必須 false
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

-ResourceName <String>
現在のリソースとして選択されたリソース名を指定します。

必須 true
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true(ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • StorSimpleResourceContext
    このコマンドレットは、リソース コンテキストに対する詳細が含まれる StorSimpleResourceContext を返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Select-AzureStorSimpleResource -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Select-AzureStorSimpleResource -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 最初のリソースを選択

 Select-AzureStorSimpleResource -ResourceName "Contoso64-Tsqa" -RegistrationKey "<your registration key>" 

ResourceId           ResourceName
———-           ————
1909806764156522689  Contoso64-Tsqa

このコマンドは、現在のコンテキストとしてリソース名「Contoso64-Tsqa」を選択します。この例では、コンピューターは、このコンテキストを過去に初期化したという訳ではないため、-RegistrationKey パラメーターに対する値を指定する必要があります。

例 2: リソースを選択するための試行

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleResourceContext コマンドレットを用いてこのコンピューターに対する現在のコマンドレットを取得します。現在選択されたリソースは「Contoso64-Tsqa」です。これは、例 1 と一貫性があります。

 Get-AzureStorSimpleResourceContext 

ResourceId           ResourceName
———-           ————
1909806764156522689  Contoso64-Tsqa

このコマンドは、「Contoso02-Resource」のリソースの解除を試行します。この例では、このリソースは過去に選択されていません。登録キーはコマンドに保存、もしくは含まれていません。コマンドはリソースを選択することはできません。

 Select-AzureStorSimpleResource -ResourceName "Contoso02-Resource" 

Select-AzureStorSimpleResource : Could not find the persisted secret. Please use Select-AzureStorSimpleResource and
provide the Registration key once again.

例 3: 過去に選択されたリソースの選択

 Select-AzureStorSimpleResource -ResourceName "Contoso64-Tsqa" 

ResourceId           ResourceName
———-           ————
1909806764156522689  Contoso64-Tsqa

このコマンドは、現在のコンテキストとしてリソース名「Contoso64-Tsqa」を選択します。この例では、コンテキストは過去に選択されているために、-RegistrationKey パラメーターで値を指定する必要はありません。

■関連するトピック

  • Get-AzureStorSimpleResource
  • Get-AzureStorSimpleResourceContext

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク