Azure PowerShell 1.0 Preview が公開されています

スポンサーリンク

2015/10/12 (現地時間) に Azure PowerShell 1.0 Preview が公開されました。

従来の Azure PowerShell では、Azure モジュールの中で Azure サービス管理関連のコマンドレットと Azure リソース マネージャー関連のコマンドレットの切替え (Switch-AzureMode) が必要でしたが、Azure PowerShell 1.0 から Azure リソース マネージャー関連のコマンドレットは AzureRM モジュールとして纏められました。

Azure PowerShell 1.0 Preview は、以下のどちらかの環境が必要となります。

  • Windows 10
  • Windows Management Framework 5.0
    ※インストールには、Microsoft .NET Framework 4.5 が必要、要再起動

記事公開時点で Preview 版のため、今後仕様の変更がある可能性がありますが、新しい Azure PowerShell コマンドレットの一覧について、MSDN のサイトに公開されています。

[Azure PowerShell 1.0 Preview のインストール手順]

※Azure PowerShell 1.0 Preview をインストールする場合、既にインストールされている Azure PowerShell をアンインストールする必要があります。

  1. Windows PowerShell を管理者権限で実行します。
  2. 以下のコマンドを実行し、実行ポリシーの確認、RemoteSigned に変更します。
    Get-ExecutionPolicy
    Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
    
  3. 以下のコマンドを実行し、Azure PowerShell 1.0 Preview (AzureRM モジュール) をダウンロード、インストールします。
     Install-Module AzureRM 
  4. 以下のコマンドを実行し、モジュールをインストールします。
     Install-AzureRM 
  5. 以下のコマンドを実行し、モジュールをインポートします。
     Import-AzureRM 
  6. 以下のコマンドを実行、Azure PowerShell 1.0 Preview (Azure モジュール) をダウンロード、インストールします。
     Install-Module Azure 
  7. 以下のコマンドを実行、Azure PowerShell 1.0 Preview (Azure モジュール) をインポートします。
     Import-Module Azure 
  8. 以下のコマンドを実行し、モジュールがインポートされていることを確認します。
     Get-Module 

[Azure PowerShell 1.0 Preview のアンインストール手順]

  1. Windows PowerShell を管理者権限で実行します。
  2. 以下のコマンドを実行し、Azure PowerShell 1.0 Preview (AzureRM モジュール) をアンインストールします。
  3. Uninstall-AzureRM
    Uninstall-Module AzureRM
    
  4. 以下のコマンドを実行し、Azure PowerShell 1.0 Preview (AzureRM モジュール) をアンインストールします。
     Uninstall-Module Azure 

[Tips]

Azure リソース マネージャー モードでサインインするときは以下のコマンドレットを実行し、ユーザーIDとパスワードを入力、サインインします。

 Login-AzureRmAccount 

サインインした後、サブスクリプション一覧を表示するには、以下のコマンドレットを実行します。

 Get-AzureRmSubscription -All 

テナント (Azure サービス管理でいうところのディレクトリ)、サブスクリプションを切り替えるには、以下のコマンドレットを実行します。

 Select-AzureRmSubscription -TenantId "<テナント ID>" -SubscriptionId "<サブスクリプション ID>" 

リソース プロバイダーを一覧表示するには、以下のコマンドレットを実行します。

 Get-AzureRmResourceProvider -ListAvailable 

リソース プロバイダー内に含まれている機能を確認するには、以下のコマンドレットを実行します。

 Get-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespece "<リソース プロバイダー名>" 

実行するコマンドレットが該当するリソース プロバイダーが登録されていないと実行してもエラーになります (例として ExpressRoute 関連のコマンドレットを実行するには「Microsoft.Network」が登録されている必要があります)。リソース プロバイダーを登録するには、以下のコマンドレットを実行します。

 Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace "<リソース プロバイダー名>" 

登録解除する場合には、以下のコマンドレットを実行します。

Unregister-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace "<リソース プロバイダー名>" 

[参考]