Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレット (Get-AzureRMBackupVault) について

スポンサーリンク

2015/09/10 (現地時間) にプレビュー版で提供されていた Azure VM に対するバックアップ (Azure VM Backup) が (GA) となり、正式リリースされました。

Azure Backup の管理に使用することが可能な Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure Backup に関する Azure リソース マネージャー PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureRMBackupVault」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.8 で確認しているものとなります) (Azure リソース マネージャー モードに変更して実行する必要があります)。

■名前

Get-AzureRMBackupVault

■概要

指定したパラメーターに基づく 1 つ以上の資格情報コンテナー オブジェクトを取得します。

■構文

Get-AzureRMBackupVault [[-ResourceGroupName] <String>] [[-Name] <String>] [-Profile <AzureProfile>] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureRMBackupVault コマンドレットは、既存の Azure Backup 資格情報コンテナーを取得し、および型 AzurePSBackupVault のオブジェクトを返します。資格情報コンテナー オブジェクトは、必須パラメーターとして、いくつかの Azure Backup コマンドレットで使用されています。

■パラメーター

-ResourceGroupName <String>
資格情報コンテナーが作成された Azure リソース グループを指定します。

必須 false
位置 0
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Name <String>
検索される必要がある特定の Azure Backup 資格情報コンテナー名を指定します。名前が指定されていない場合、サブスクリプションによって作成されたすべての資格情報コンテナーを返します。同じ名前を持つ 1 つ以上のバックアップ 資格情報コンテナーがある場合、コマンドレットは名前が一致するすべての資格情報コンテナーを返します。結果をフィルタリングし、一意の資格情報コンテナーを取得するには -ResourceGroupName パラメーターを使用します。

必須 false
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile <AzureProfile>
AzureProfile 入力オブジェクトは必須ではありません。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • Vault name as [String]

■出力

  • AzureRMBackupVault

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureRMBackupVault -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureRMBackupVault -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 作成されたすべての Azure Backup 資格情報コンテナーの取得

 Get-AzureBackupVault 

例 2: West US に作成されたすべての資格情報コンテナー一覧の取得

 Get-AzureBackupVault | Where-Object { $_.Region -eq "westus" } 

例 3: 特定の資格情報コンテナーを参照情報の取得

 Get-AzureBackupVault -Name "myvault" 

ResourceId        : /subscriptions/4bfbe168-f42a-4a06-8f5a-331cad1f497e/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Backup
                    /BackupVault/myvault
Name              : myvault
ResourceGroupName : rg1
Region            : westus
Storage           : GeoRedundant

例 4: ローカル冗長ストレージを資格情報コンテナーの数をカウント

 Get-AzureBackupVault | Where-Object { $_.Storage –match ‘LocallyRedundant’ } | Measure-Object 

Count    : 4
Average  :
Sum      :
Maximum  :
Minimum  :
Property :

■関連するトピック

  • New-AzureRMBackupVault
  • Set-AzureRMBackupVault
  • Remove-AzureRMBackupVault
  • Get-AzureRMBackupContainer

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク