Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレット (New-AzureRMBackupVault) について

スポンサーリンク

2015/09/10 (現地時間) にプレビュー版で提供されていた Azure VM に対するバックアップ (Azure VM Backup) が (GA) となり、正式リリースされました。

Azure Backup の管理に使用することが可能な Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure Backup に関する Azure リソース マネージャー PowerShell コマンドレットの 1 つである「New-AzureRMBackupVault」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.8 で確認しているものとなります) (Azure リソース マネージャー モードに変更して実行する必要があります)。

■名前

New-AzureRMBackupVault

■概要

指定したパラメーターに基づく新しい Azure Backup 資格情報コンテナーを作成します。資格情報コンテナーは、Azure Backup を持つすべてのバックアップ操作に対する開始点です。

■構文

New-AzureRMBackupVault [-ResourceGroupName] <String> [-Name] <String> [-Region] <String> [[-Storage] <AzureBackupVaultStorageType>] [-Profile <AzureProfile>] [<CommonParameters>]

■説明

New-AzureRMBackupVault コマンドレットは、 Azure Backup 資格情報コンテナーを作成し、資格情報コンテナー エンティティへの参照として動作する AzurePSBackupVault 型のオブジェクトを返します。資格情報コンテナーは、バックアップ範囲を定義するいくつかの重要な特性 (リージョンおよびストレージ型) を持ちます。

■パラメーター

-ResourceGroupName <String>
既存のリソース グループ名を指定します。リソース グループ名を作成するには、New-AzureResourceGroup コマンドレットを使用します。Azure の ResourceGroup および Azure Backup 資格情報コンテナーが同じリージョンである必要はありません。

必須true
位置0
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Name <String>
Azure Backup 資格情報コンテナー名を指定します。ResourceGroupName および Name の組み合わせは一意である必要があります。同じ ResourceGroup の下で同じ名前で 2 つの資格情報コンテナーを作成することはできませんが、同じ名前を持つ 2 つの資格情報コンテナーは、2 つの異なるリソース グループの下に配置することが可能です

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Region <String>
-Region
パラメーターは、特定の Azure のリージョンに資格情報コンテナーオジェクトを配置します。ハイブリッド バックアップ シナリオについて、待機時間を減らすためにオンプレミス サーバーに近いリージョンでの資格情報コンテナーを作成することを推奨します。Azure IaaS 仮想マシンをバックアップするために、資格情報コンテナーはローカル仮想マシンの発見のポイントになります。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Storage <AzureBackupVaultStorageType>
バックアップ ストレージは、バックアップ データ ストレージとして LocallyRedundant 、もしくは GeoRedundant のどちらかを選択することができ、Azure Storage の使用率に応じ、請求されます。これは追加のパラメーターであるため指定されていない場合、資格情報コンテナーは GeoRedundant ストレージ オプションを使用して作成されます。

必須false
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile <AzureProfile>
AzureProfile 入力オブジェクトは必須ではありません。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • AzureRMBackupVault

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help New-AzureRMBackupVault -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help New-AzureRMBackupVault -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 新しいバックアップ 資格情報コンテナーを作成

 New-AzureRMBackupVault –ResourceGroupName "rg1" –Name "vault1" –Region "westus" 

ResourceId        : /subscriptions/4bfbe168-f42a-4a06-8f5a-331cad1f497e/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Backup
                    /BackupVault/vault1
Name              : vault1
ResourceGroupName : rg1
Region            : westus
Storage           : GeoRedundant

例 2: ローカル冗長ストレージでの新しいバックアップ 資格情報コンテナーの作成

 New-AzureRMBackupVault –ResourceGroupName "rg2" –Name "vault2" –Region "westus" –Storage LocallyRedundant 

ResourceId        : /subscriptions/4bfbe168-f42a-4a06-8f5a-331cad1f497e/resourceGroups/rg2/providers/Microsoft.Backup
                    /BackupVault/vault2
Name              : vault2
ResourceGroupName : rg2
Region            : westus
Storage           : LocallyRedundant

■関連するトピック

  • New-AzureResourceGroup
  • Get-AzureRMBackupVault
  • Set-AzureRMBackupVault
  • Remove-AzureRMBackupVault

[参考]